彩の国大学コンソーシアム

2014/10/08

彩の国大学コンソーシアムは、埼玉県内にある18の大学が、連携して協力体制を築き、教育研究の高度化・進展化を図るとともに、生涯学習や産官学の地域交流を推進し、地域の教育・文化の発展を図ることを目的として設置したものです。
2014年度は、各大学間の単位互換、公開講座等を実施しています。

彩の国大学コンソーシアム公開講座 概要

『さいたま遊学2014~知的、快適生活のススメ~』
日 時: 2014年9月8日(月)~25日(木)全7回
場 所: 川越西文化会館(メルト)2階 第1・2会議室
費 用: 無料

本年度は以下の日程で実施いたしました。

立正大学担当の公開講座

日 時:2014年9月22日(月)13:20~14:40
テーマ:少子高齢社会に家族を生きる
講 師:法学部 教授 安達 映子
参加者数:75人
概要:
 少子高齢化が進む日本の社会において、家族のあり方も変化しています。「家族」という単語からイメージされる理想像と、現実の家族関係や法制度は必ずしも一致しません。「家族」の定義が困難な今、人々がどのように関わりあう社会が求められているのでしょうか。
 本講座では、日本の少子化、高齢化、家族観や家族の実態について、具体的な統計データ等から客観的に見つめ、その要因として考えられる点を解説しました。少子高齢問題の解決方法は単一的ではなく、さまざまな考え方が必要です。身近で深刻なテーマであり、講座終了後の質疑応答も活発に行われ、参加者の関心の高さがうかがえました。

当日の様子

当日の様子

この他にも複数の大学が公開講座を実施しています。
詳細なスケジュール・お申込・お問合せは下記のページからお願いします。

ページの先頭へ戻る