「人工知能の野望~掃除ロボットから総理大臣まですべてがAIになる日~」を開催 【12月21日(水)16:10開演】 品川キャンパス

2016/11/22

人工知能の野望 ~掃除ロボットから総理大臣まですべてがAIになる日~

近年AIの急速な発達には、目を見張るものがあります。そして、そのAIによって従来、人間が行ってきた仕事がAIに替わってしまうかもしれないとも聞きます。期待と不安が押し迫る現代、私たちの将来についてもっと知り、私たちのAIに関する知識がどれ程かを実感し、私たちの知を深めたいと思います。AIの現状、AIによって変わる未来について知り、私たちが未来に繋げるべきことについて考える機会にします。

テーマについて

11月5日6日の立正大学品川キャンパス大学祭『橘花祭』の期間中、来場者106人を対象に実施したAIについてのアンケートで、回答者の61%が「総理大臣」を「AIに代替されうる職業」に選びました。

講師 松原仁先生からのメッセージ

自動運転、コンピュータ囲碁、小説創作など人工知能の進歩が話題になっています。今後はますます人工知能がわれわれの生活の中にはいってくると予想されます。そのときにわれわれ人間はどう人工知能と付き合えばいいのでしょうか。
人工知能の進歩だけが強調されていますが、道具である人工知能の進歩によって人間も進歩できるはずです。あくまでも主体は人工知能ではなくみなさん自身です。ここでは人間と人工知能が共生する未来について考えてみたいと思います。

講師プロフィール

松原 仁(まつばらひとし)氏
公立はこだて未来大学教授
1959年2月6日東京生まれ。1981年東大理学部情報科学科卒業。
1986年同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了。工学博士。同年通産省工技院電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)入所。2000年公立はこだて未来大学教授。2016年公立はこだて未来大学副理事長。人工知能、ゲーム情報学、観光情報学などに興味を持つ。著書に「コンピュータ将棋の進歩」、「鉄腕アトムは実現できるか」、「先を読む頭脳」、「観光情報学入門」など。人工知能学会 前会長、情報処理学会理事、観光情報学会理事。

内 容

第1部:講演 松原 仁教授
第2部:松原教授と立正大生・付属/準付属校生とのパネルディスカッション

立正大学ユースフォーラム詳細

日時
平成28年12月21日(水) 16:10~18:00(開場15:30)
場所
品川キャンパス 石橋湛山記念講堂
定員
600名 ※品川キャンパスのアクセス方法はこちらからご覧ください。
受講料
無料 (要申込み 先着順)
応募方法
インターネット応募 12月20日(火)まで

こちらからご応募いただけます

往復はがきで応募 12月15日(木)必着
往信欄に「ユースフォーラム参加希望」、郵便番号、住所、お名前(ふりがな)、電話番号、同伴者数を、返信宛名に返信先の郵便番号、住所、宛名をご記入のうえ、下記あてにご応募ください。

〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
立正大学 広報課 「立正大学ユースフォーラム」宛
主催
立正大学
共催
品川区

■ お問合せ
立正大学広報課 03-3492-5250
受付時間/10:00~17:30(土・日・祝日を除く)
  • ※ 今回の公開講座の申込において知り得た個人情報は、当講座または本学からのご案内に関すること以外に利用いたしません。
  • ※ 当日は撮影が入り、後日WEB・印刷媒体で使用させていただきます。

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る