民主主義を諦めない~どうしたら選挙はおもしろくなる~を開催 【12月19日(土)16:00開演】 品川キャンパス

2015/11/17

民主主義を諦めない ~どうしたら選挙はおもしろくなる~

選挙権を持つ年齢が引き下げられ、18・19歳の約240万人が新たに有権者となりました。 10代が選挙に加わることの意義とは何でしょうか。 10代が加わる選挙が、従来のままでいいのでしょうか。 どうしたら選挙はおもしろくなるのでしょうか。 私たち若者が担う「日本の選挙と民主主義のこれから」を考えます。

第1部 基調講演
「民主主義を諦めない ~どうしたら選挙はおもしろくなる~ 」

高橋源一郎(たかはし げんいちろう)  小説家、文学者、文芸評論家、明治学院大学教授

1951年、広島県生まれ。81年、『さようなら、ギャングたち』で第4回群像新人長編小説賞優秀作を受賞しデビュー。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、02年、『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞を受賞。

第2部 パネルディスカッション

立正大学ユースフォーラム詳細

日時
平成27年12月19日(土) 16:00~17:30(開場15:30)
場所
品川キャンパス 1152教室
定員
180名(品川キャンパス) ※品川キャンパスのアクセス方法はこちらからご覧ください。
受講料
無料
応募方法(終了しました)
インターネット応募 12月18日(金)まで
運営
RISカフェ公開講座運営チーム

■ お問合せ
立正大学広報課 03-3492-5250
受付時間/10:00~17:30(土・日・祝日を除く)
  • ※ 今回の公開講座の申込において知り得た個人情報は、当講座または本学からのご案内に関すること以外に利用いたしません。
  • ※ 当日は撮影が入り、後日WEB・印刷媒体で使用させていただきます。

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る