• ホーム >
  • プレスリリース >
  • 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が発行する「グリーンボンド」への投資について

独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が発行する「グリーンボンド」への投資について

2017/11/17

平成29年11月17日
学校法人 立正大学学園

学校法人立正大学学園は、このたび、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が発行する「グリーンボンド」への投資をいたしました。

本債券は、環境省グリーンボンドガイドラインに準拠したわが国初の「グリーンボンド」です。

「グリーンボンド」とは、一般的にCO2削減等の環境改善効果を有する事業を資金使途とする債券です。その概要は、国際的に広く認知されている国際資本市場協会(ICMA)が策定するグリーンボンド原則(GBP)との整合性に配慮して、環境省が策定した『グリーンボンドガイドライン2017年版』に公表されています。

地球と地域の環境問題解決について教育・研究を行う地球環境科学部を有する立正大学を設置校として持つ本学園は、さまざまな形で環境問題に取り組んでいきたいと考えています。今回投資するグリーンボンドは、相鉄・JR線及び相鉄・東急線それぞれの直通運転工事の建設資金として使用されるため、立正大学や立正大学付属立正中学校・高等学校に通学する学生生徒の利便性向上という直接的効果も期待できます。

今後も本学園は、学校法人としての公共性・公益性に鑑み、その社会的使命と役割を果たしてまいります。

本件に関するお問い合わせ先
立正大学経理部品川経理課
電 話:03-3492-7010
FAX:03-5487-3340

ページの先頭へ戻る