立正生が、鎌倉に地域交流カフェ「RUK cafe」をオープン

2015/11/20

立正生が、鎌倉に地域交流カフェ「RUK cafe」をオープン
~日蓮聖人ゆかりの地「鎌倉」に住民の交流・学びの拠点づくりを目指す~

(上)RUK cafeを企画運営する吉田ゼミのメンバー

 本学は、11月6日(金)、地域交流カフェ「RUK cafe(ラクカフェ)」を鎌倉市御成町にオープンしました。企画・運営は経営学部経営学科の吉田健太郎ゼミナールの3年生19名が手掛けます。観光客向けの店ばかりで地域の人がくつろげる場所が少ない鎌倉駅前で、高齢者や地域住民同士のつながりを深める場を提供しながら、大学での学びを地域住民と共有する拠点づくりを目指します。

 学生達が本企画に取り組みはじめたのは今年5月から。「立正大学の源流である日蓮宗とゆかりの深い『鎌倉』で、地域住民の問題を発見し、その解決を図る」という課題に対し、ゼミ生が出した答えは、コミュニティカフェの開設でした。
地域住民への聞き取り調査から、「観光客向けの店ばかりで地域の人がくつろげる場所が少ない」「昼食にお弁当をと思っても観光客向けしかなく、内容や価格に不満」といった問題が浮かび上がりました。
 そこで、「地域の人がくつろげ、つながりを深められる場所作り」をコンセプトに、商品開発、運営、情報発信の3班に分かれて活動し、住民ニーズの把握からはじめ、商品開発、物件の選定、マップ作りや雑誌発行、ブログ制作に取り組んだ。市内の高齢者団体や料理研究家と連携し、地元産の食材を使用した「あかもく丼セット」などのメニューも開発して提供をはじめています。
 将来的には「RUK cafe」を生涯学習、地域創生の拠点として活用することも視野に、自治体や地元企業、地域住民との協働を図っていきます。

■RUK cafe
所在地
神奈川県鎌倉市御成町13-36-5
営業日
金・土・日
営業時間
11時~18時
メニュー
あかもく丼セット(税込500円)他
URL
http://rukcafe.tumblr.com/

ページの先頭へ戻る