• ホーム >
  • 立正大学 リオ五輪ラグビー女子日本代表選手 壮行会を開催しました

立正大学 リオ五輪ラグビー女子日本代表選手 壮行会を開催しました

立正大学 リオ五輪ラグビー女子日本代表選手 壮行会を開催しました

平成28年7月21日(木)品川キャンパスにて「リオ五輪7人制ラグビー日本代表選抜メンバー壮行会」が行われました。リオデジャネイロ五輪(現地時間8月5日開幕)に出場する現役学生と卒業生、職員の6名を激励しました。

壮行会に駆けつけていただいた地域の皆さま、本学学生、教職員に対し、選手・コーチがオリンピックに向かう意気込みを語ってくれました。

選手・コーチコメント

社会福祉学部4年 大黒田 裕芽 選手

楽しみにしていたオリンピックが近づき、わくわくしています。
私たちはオリンピックで金メダルをとることを目標に練習をしてきたので、金メダルを持って帰れるようにがんばります。そして、大好きなラグビーを楽しんでプレーできるようにしたいです。

社会福祉学部3年 山中 美緒 選手

オリンピックでは応援してくれている方々や支えてくれている方々に感謝をしプレーしたいです。金メダルを持って帰りますので、応援よろしくお願いいたします。

社会福祉学研究科修士課程修了 桑井 亜乃 選手 (所属 (株)八木橋) 

ラグビーを始めて4年が経ちました。ラグビーに人生をかけて本当に良かったと思います。
オリンピックの舞台では、突破する場面で基点となり、金メダルに貢献できるようがんばっていきたいと思います。
そして、たくさんの応援してくださっている方々に笑顔になってもらえるプレーをしたいと思います。

社会福祉学部卒業 三樹 加奈 選手(所属 埼玉縣信用金庫)

今回選ばれたからには自分のプレーをし、チームに貢献できるようにがんばりたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部コーチ 鈴木 彩香 選手(所属 立正大学職員)

女子ラグビーはマイナーなスポーツですが、オリンピック種目に採用されてからは、徐々に練習環境も変化し立正大学から5名が選ばれ、とても幸せに感じています。
リオの地で私たちがやってきたことを全て出せるように、日本の皆さんが元気を出せるようなプレーができるように、一致団結してがんばりたいと思います。

ラグビー部コーチ 宮崎 善幸 コーチ(所属 立正大学職員)

我々がやっているセブンズラグビーは、多くある種目の中で最も番狂わせが起こる種目だと言われています。立正大学ラグビー部女子は、発足時よりオリンピックで金メダルを取るという目標のもとにやってきました。
我々の位置は世界で12位です。ですが「世界で一番走る」という武器をもっています。それを試合時間14分の中で表現して、世界一を取ってきたいと思います。
選手を信じて応援していただければと思います。

リオデジャネイロ・オリンピックラグビー女子の試合放送日程は以下のとおりです。

8/7(日) NHK BS1 午前9:30~午前11:50「予選」(録画)
8/8(月) NHK 総合 午前0:45~午前 3:30「予選」(録画)
     NHK BS1 午後1:00~午後 2:50「予選」(録画)
8/9(火) NHK 総合 午前2:15~午前 4:00「予選」(録画)
     NHK BS1 午前8:50~午前10:00「順位決定戦/準決勝/3位決定戦/決勝」(録画)

みなさまのご声援、宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る