モラりすレポート

年度一覧

プロ野球ドラフト会議2018

2018/10/25

【ステージ上で指名を待つ選手と部長、監督】

 
 10月25日夕方、品川キャンパスで初めての試みとしてプロ野球ドラフト会議2018のパブリックビューイングが行われ、望月理事長、齊藤学長が参加しました。
 今年本学からプロ志望届を提出したのは、東都優勝の立役者でもある、主将の伊藤裕季也選手と小郷裕哉選手の2人。イベント開始の数時間前、東都大学野球1部秋季リーグで優勝を決めたばかりの選手たちは、球場から品川キャンパスに戻り、他の学生とともに指名の時を待ちました。

【選手を囲みメディアの取材を受ける理事長ら】

 
 最初に伊藤選手が横浜DeNAベイスターズから2位で指名を受けると、会場には大きな歓声と拍手が響きました。その後待つこと数十分、小郷選手が東北楽天ゴールデンイーグルスから7位で指名され、やはり大きな拍手が鳴り響きました。2人が指名された後、望月理事長と齊藤学長からお祝いの言葉と花束が贈られ、両選手が今後の抱負を語りました。

【学内に掲示されたイベント告知のポスター】