モラりすレポート

立正中学校・高等学校見学会

2017/10/28

【挨拶する齊藤学長】

 10月28日、立正大学FD研修会が開催され、齊藤学長、永井学長補佐、各学部長、大学事務局長、大学教職員が付属中学校・高等学校の授業や施設の見学を行いました。
 研修会では、タブレットを用いたアクティブ・ラーニング形式の授業の見学、電子黒板のデモンストレーションの体験、図書館や食堂、ホールの視察などが行われました。実際に中高の教育現場を見ることや、環境を知ることは、円滑な高大接続を考えるうえにおいても重要であり、有意義な機会となりました。

【中高の現状を説明する大場中高校長】

【行学ホールの御本尊】

【授業を見学する参加者】

 

ページの先頭へ戻る