モラりすレポート

平成29年度仏教系大学会議

2017/10/13

【蓑輪顕量・東京大学大学院教授】

 10月12日、13日に、淑徳大学千葉キャンパスを会場に「平成29年度仏教系大学会議」が開催され、本学が研修会担当校を務めました。
 今年度のテーマは、「日本における仏教系大学の使命(ミッション)を考える」で、1日目には蓑輪顕量・東京大学大学院教授による基調講演「仏教系大学の未来に対する提言」が行われました。

【パネルディスカッションの様子】

 2日目は、寺尾仏教学部長のコーディネートのもと、加盟大学5校の学長によるパネルディスカッションが行われ、長谷部八朗 駒澤大学長、大谷哲夫 東北福祉大学長、乾龍仁 高野山大学長、磯岡哲也 淑徳大学長、齊藤学長が仏教系大学としての自校の状況や全体的な課題について語り合いました。

【懇親会で挨拶する齊藤学長】

 

ページの先頭へ戻る