モラりすレポート

ネパール文化研修

2017/09/02

【ティラウラコット移遺跡にて】

 8月25日~9月2日にかけて学園ブランディング・プロジェクト(ネパール交流プロジェクト)の活動の一環としてネパール文化研修「ネパールにおける立正大学の過去・現在・未来—ネパール宗教文化の旅」が実施され、髙橋副学長と池上副学長が参加しました。
 研修には、竹内洋岳客員教授が同行し、参加した本学の学生にレクチャーを行ったほか、地球環境科学部の島津弘教授とゼミの学生が、現地のJICAに自作の日本文化紹介を含む世界地図を贈呈するなど、仏教文化を中心とした視察や地域との交流を行いました。

 

ページの先頭へ戻る