平成29年度連続講座

平成29年度は昼講座と夜講座のそれぞれ全4回の連続講座を開催しました。
昼講座は初心者を対象にした変体かなの読み方について、
夜講座は当館で所蔵している資料から古典文学を学びました。

募集要項

■ コース
①お昼の講座 「はじめての変体仮名」
・変体仮名の基礎知識、身近な変体仮名
・簡単な古典の本文を読む
②イブニング講座「古典文学で学ぶ変体仮名」
・古書資料館所蔵の『平家物語』(写本)を読む

■開催期間・時間
①10月5日(木)・12日(木)・19日(木)・26日(木)
午後1時30分~3時【全4回】
②11月1日(水)・8日(水)・15日(水)・22日(水)・29日(水)
午後6時~7時30分【全5回】

■会場
①立正大学古書資料館(品川キャンパス8号館地下1階)
②立正大学図書館RiLLComE(品川キャンパス11号館2階)

■募集人数
各コース12名(全回参加できる方)
※申込者多数の場合には抽選

講座を終えて

アンケートより

・小さい子どもがいる主婦にとって 子どものいる時間帯や曜日(土日)は参加しにくいです。今回子供が学校にいる時間なので参加できました。

・ありがとうございました。継続して学習する機会をつくっていくつもりです。




・古文書はくずし字だけでなく当時の文化・政治・生活の背景や人間関係などももっと学習出来れば良かった。今後共、御企画いただければ参加したいと思います。有り難う御座居ました。

・教材をこれまで丁寧にご提供くださったこと合わせて感謝申し上げます。変体仮名をこれまで多く学習したことはありません。読み慣れることが必要だと感じました。楽しく学習できました。




小此木講師より
参加者の皆さんはどなたも熱心で、たびたび質問を受けました。その場で答えられないことも多く、こちらの不勉強を痛感した次第です。また講座後、どのように勉強を続けたらよいかといったことにも関心が高く、継続して学習していこうという意欲が高いことも印象的でした。

ページの先頭へ戻る