平成28年度連続講座

平成28年度より、古書資料館の資料を使った連続講座を開始しました。
この講座は第1回ながら定員以上のお申込をいただき、全4回無事開催することができました。

募集要項

■日時
平成28年11月2日(水), 9日(水), 16日(水), 23日(水)13時30分~15時(90分)【全4回】

■場所
立正大学 古書資料館(8号館地下1階)

■内容
資料の解説と紹介(35分)・休憩(5分)・変体仮名読解(50分)
※読解する資料は毎回異なります。
※講師:古書資料館専門員
※受講料:無料

<定員・対象>
・全回参加できる方10名程度(抽選)
・初心者の方

講座の様子

講座中やテキストの写真、講義の内容の概略

講座を終えて

アンケートより

・自分である程度勉強してこないと読みこなすのが難しいとわかった。先生の説明は、生徒に寄り添って、わかりやすくしようという誠意が感じられた。資料もいろいろ工夫していただき、理解の一助になった。貴重な古書を沢山手にとれる機会を与えていただき感謝しております。ありがとうございました。

・ありがとうございました。変体仮名の字そのものについて学びたかったです。似ている文字 難読文字の見分け方 文の流れ等々。例文は より有名・身近なものを使っていただければと思いました。

“変体かな”の手ほどきを超え、文学、アートさえ感じさせられ嬉しい。







スタッフより
学外の方も対象にした初めての講座で、参加された地域の皆様から「古書資料館で、古書の面白さや奥深さを教えてもらい、学ぶ楽しさを思い出した」といった感想を頂戴し、本講座が古書資料館や所蔵資料に興味をお持ちいただく機会となったことを実感しました。

ページの先頭へ戻る