古書資料館

古書資料館について

 2014年に開館した古書資料館は、江戸時代の和古書を中心に、貴重書、特殊資料(巻子本・折本・函物等)などを所蔵する専門図書館です。そのため、一般資料とは異なる利用上の取り決めがありますが、開架室に並んでいるすべての古書は、利用者の皆様がご自身で書棚から取り出し、閲覧することができます。

利用案内

  • 資料の取り扱いには十分ご注意ください。一般図書とは異なる利用上の取り決めがあります。利用の前に必ずこちらをご覧ください。
  • 利用カード(学生証/教員証)が必要となります。
    利用カードをお持ちでない方(一般の方)はカウンターにて所定の手続きが必要です。
  • 開館時間:月曜~土曜 10:00~17:00(日・祝祭日は閉館)
    長期休暇中・大学行事・メンテナンス等で閉館日や利用時間が変更となる場合があります。

    ※専門員在席時間(古書資料館所蔵資料の利用相談):月・火・木・金 13:15~16:45
    ※古書資料庫収蔵資料利用受付時間:10:30~16:30
    ※グループ学修スペース RiLLCom J
  • 資料は立正大学蔵書検索システム(立正大学OPAC)で検索が可能です。
    旧分類で整理されている資料(A本、D本、望月文庫および島田文庫資料)は、現在入力作業中です。館内設置の「旧分類カード目録」もあわせてご利用ください。

閲覧

  • 古書資料館閲覧室配架の資料
    ・ご自身で書架から取り出し、所定の閲覧席でご覧ください。
    ・閲覧・利用した資料はご自身で書架に戻さず、カウンターに返却してください。
  • 古書資料庫配架の資料(貴重書以外)
    ・「書庫資料請求票」にご記入の上、カウンターまでお申し込みください。
     お申し込み当日にご利用いただけます。
  • 貴重書
    ・マイクロフィルム・電子データがある場合には、そちらをご利用ください。
    ・原本の閲覧は、特に現物の確認を必要とする場合に限ります。
    ・「貴重資料特別閲覧許可願」にご記入の上、カウンターまでお申し込みください。
     原本の閲覧には事前の申請が必要になります。

複写

【学内の方】
  • 電子データがない資料について、ご自身の持ち込みカメラによる写真撮影(部分)をご希望の場合は、「古書資料館資料複写申込書(学内者用)」にご記入の上、カウンターまでお申し込みください。
  • マイクロフィルムや電子データがある場合は、原則として持ち込みカメラによる撮影はできません。データが必要となる場合等には、別途「データ譲渡申請書」で事前にお申し込みください。
  • 電子データからの複写は古書資料館スタッフが行ないます。複写物が大量の場合、お渡しが翌日以降になる場合があります。
【学外の方】
  • 原則として、持ち込みカメラによる撮影はできません。
    古書資料館設置カメラ、マイクロ、電子データからの紙焼き複写となります。「古書資料館資料複写申込書」にご記入の上、カウンターまでお申し込みください。
  • 資料掲載等で持ち込みカメラによる撮影が必要となる場合等には、別途「データ譲渡申請書」で事前にお申し込みください。
  • 古書資料館設置カメラ、電子データからの複写は古書資料館スタッフが行ないます。16:00までに申請された複写物は当日お渡しいたします。ただし複写物が大量の場合、お渡しが翌日以降になる場合があります。
【共通】
  • 資料の状態により複写できない場合があります。
  • 資料の全頁複写をご希望の場合、事前の許可が必要となります。「古書資料館資料複写申込書」に全頁複写が必要な理由を記した「理由書」を添えて、申請してください。
     ※原則として、資料を閲覧されてからの申請をお願いしております。
     ※部分複写ではなく、全頁複写を希望される理由を具体的に記載してください。
     ※貴重書の全頁複写はできません。
     ※申請理由や資料により不許可となる場合があります。
  • 料金はこちらを参照してください。

古書資料館通信

専門員による主筆で年2回の刊行を予定しております。古書資料館館内や図書館各所で配布していますので、ぜひお手にとってご覧ください。また、下記よりPDF形式でも閲覧ができます。

ページの先頭へ戻る