• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 共通 >
  • ディスカバリーサービス「Riscovery」が利用できるようになりました!

館内風景

ディスカバリーサービス「Riscovery」が利用できるようになりました!

2015/01/05

ディスカバリーサービス「Riscovery(リスカバリー)」とは

複数のデータベースを一元的に検索し、ワンストップで情報を探すことのできる検索サービスです。
立正大学で契約をしている有料データベースや電子ジャーナル、電子書籍、立正大学の機関リポジトリなどが検索対象となります。これまで様々な情報源(OPAC/CiNii/その他の契約データベースetc...)において、複数のデータベースをひとつずつ検索しなければならなかったのがRiscoveryの検索窓から一度に検索することができるようになりました。


※立正大学の所蔵データについては、現在準備中のため検索対象となるのは2015年3月頃を予定しています。


下記のロゴより、Riscoveryをご利用ください。

【図書館リソースハント Riscovery】とは
トレジャーハント(宝探し)からヒントを得て作成した造語。
図書館にとって図書をはじめとするすべてのリソースは「宝物」です。
リスカバリーの検索窓からは様々なリソースをまるごと検索することができます。
皆さんにとっての宝物=リソース探しにぜひお役立てください!

ページの先頭へ戻る