• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 共通 >
  • 新たに3つのデータベースが使えるようになりました!

館内風景

新たに3つのデータベースが使えるようになりました!

2019/04/24

2019年4月より、新たに下記の3つのデータベースが使えるようになりました。
レポート課題や卒業論文など、今後の学修・研究活動にお役立てください。

「ブリタニカ・イメージクエスト」

ブリタニカが提供する画像データベースです。世界有数の美術館、博物館、企業・団体などから収集した300万点以上の貴重な写真やイラストを収録。検索・印刷・ダウンロードができ、課題レポートや研究発表、授業教材作成など、教育目的に限定した利用が可能です。

【アクセス方法】
図書館ホームページの データベース>辞典・統計などを調べる>ブリタニカ・イメージクエスト からご利用ください。


「新編国歌大観(JapanKnowledge Libより利用可)」

『新編国歌大観』全10巻、45万首を完全収録。勅撰集・私撰集・私家集・歌合など1162集の歌集本文と解題を収録。歌集名・作者・時代区分・よみなどから検索できます。

【アクセス方法】
図書館ホームページの データベース>辞典・統計などを調べる>JapanKnowledge Lib(ジャパンナレッジLib) からご利用ください。
トップページの「ログイン」ボタンを押してください。画面上方のメニュー「詳細(個別)検索」から「新編国歌大観(語彙検索)」「新編国歌大観(前後句検索)」を選択できます。


「企業史料統合データベース「集中排除法関係資料」 」

1946(昭和21)年に財閥解体の実施機関として設立された持株会社整理委員会が、翌年に成立した「過度経済力集中排除法(通称:集排法)」に基づき、「過度の経済力の集中に該当する」と指定した企業が当該委員会に提出した膨大にして精緻な企業情報です。指定された企業325社のうち、253社の情報を収録。資料は当該委員会の統一的な設問に応える様式で作成されており、「正式記録」と「証拠書類」が中心となっています。

【アクセス方法】
図書館ホームページの データベース>企業・人などを調べる>企業史料統合データベース「集中排除法関係資料」 からご利用ください。
トップページのデータベース「集排法関係資料」にチェックを入れてご利用ください。

ページの先頭へ戻る