• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 共通 >
  • ディスカバリーサービス「Riscovery」のアクセス方法について

館内風景

ディスカバリーサービス「Riscovery」のアクセス方法について

2018/04/10

ディスカバリーサービス「Riscovery(リスカバリー)」とは

複数のデータベースを一元的に検索し、ワンストップで情報を探すことのできる検索サービスです。
立正大学で契約をしている有料データベースや電子ジャーナル、電子書籍、立正大学の機関リポジトリなどが検索対象となります。これまで様々な情報源(OPAC/CiNii/その他の契約データベースetc...)において、複数のデータベースをひとつずつ検索しなければならなかったのがRiscoveryの検索窓から一度に検索することができます。

「Riscovery(リスカバリー)」へのアクセス方法は、以下の3種類があります。

1.蔵書検索OPACからのアクセス方法

OPACからは学内と学外(学生・教職員のみ)からの2種類のアクセス方法があります。
いずれもOPACトップページのバナーリンクまたは以下のロゴよりご利用ください。

学内からのアクセス方法

 

上記のロゴをクリックしてご利用ください。

学外からのアクセス方法(学生・教職員のみ)

 

①上記のロゴをクリックしてください。
②Riscoveryトップページの「学外からのアクセスはこちらから!」をクリックすると、ポータルサイトに繋がります。ポータルサイトにログインしてください。
③メニューバー右上の「図書館」をクリックしてください。
④右サイドメニュー「図書検索」の「学術情報トータル検索Riscovery」をクリックしてください。

※スマホから利用する場合
Riscoveryトップページ下部の「表示」が「Mobileサイト」となります。
eBookのPDF本文を閲覧するときには、「表示」の「完全サイト」をクリックし、PCサイト表示にしてからご利用ください。

2.図書館ホームページからのアクセス方法

図書館ホームページトップページの「情報検索」サーチボックスの「立正大学図書館リソースハント Riscovery」にキーワードを入れてご利用ください。

3.ポータルサイトからのアクセス方法(学生・教職員のみ)

ポータルサイトにログイン後、「図書館」ページの「図書検索」メニュー「学術情報トータル検索Riscovery」よりご利用ください。詳しくは、上記の学外からのアクセス方法をご参照ください。

ページの先頭へ戻る