• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 法学部と株式会社アターブル松屋が「コーオプ教育協働事業」に関する覚書に調印

新着情報

法学部と株式会社アターブル松屋が「コーオプ教育協働事業」に関する覚書に調印

2019/02/09

法学部と株式会社アターブル松屋が「コーオプ教育協働事業」に関する覚書に調印

2019(平成31)年2月1日(金)に、法学部と株式会社アターブル松屋の間で「コーオプ教育協働事業」に関する覚書の調印を行ないました。

株式会社アターブル松屋は、2019年に創業150周年を迎える百貨店「松屋」のグループ会社であり、「人を幸せにする食文化創造グループ」として、健康に良いおいしい料理と心のこもったサービスを提供されている企業です。今回の調印により、2019年度から法学部講義「実務演習Ⅵ(民間企業フィールドワーク)」として、総合的・専門的就業体験の機会をいただきます。

本学部では、本講義の実施を通じ、学生の職業意識の向上と、就職先選定にあたり参画企業やその業界への視野を広げることにつなげたいと考えています。

株式会社 アターブル松屋 ホームページはこちらよりご覧ください

ページの先頭へ戻る