孟ゼミ
孟ゼミ詳細

国際社会での適応性を育て、将来の活躍能力を高める

国際的な視点から、アジア、特に中国に焦点をあてて経営中心のテーマを研究する。例えば日本・中国企業の海外におけるビジネス展開、市場参入、現地化、異文化等の諸問 題等を深く研究する。孟ゼミは合同研究発表会や文化体験などの活動も予定している。ゼミナール活動に参加することを通して、ゼミ生の視野を広げ、国際社会での適応性を育てることで、将来のグローバル企業での活躍能力を高めることをめざしている。

ゼミの特徴・ゼミで学べること

研究テーマの選定方法、資料収集、データ分析のスキル、プレゼンテーションの基礎、研究論文の書き方などを学ぶ、国際的なゼミナールである。

ゼミの取り組み

2年次の前期ではグループ活動を中心に、アジア諸国の社会、文化、経済状況についてを勉強し、プレゼンテーションの基本的な能力を身につける。
3年次では日系企業を中心に、アジアでのビジネス展開などを経営戦略の視点から研究する。
4年次では各自興味のあるテーマを自由に選び、卒業論文の書き方を習得しながら、大学4年間の集大成として独自で卒業論文を完成する。
ゼミナールでの3年間を通して、グローバル企業の経営諸問題に関する基本的な研究能力を育成する。

ゼミで行った研究・プロジェクト・行事

近年の研究テーマ

  • ユニクロの海外市場拡大戦略
  • マクドナルドの商品管理システム
  • スターバックスの広報戦略 等

ゼミ生に求めること

一定以上のコミュニケーション能力を有し、プロジェクトに積極的に参加することが望ましい。

ゼミ生の将来像・進路

大手銀行から中小企業までさまざまな分野で活躍している卒業生がいる。近年ではアパレル業界、不動産業界、地方公務員などへの就職が多い。

Top