立正大学経営学部

吉田健太郎准教授ゼミログ

2016年3月21日 16:25

こんにちは!
吉田ゼミ3年の三富と今田、2年の鯉淵です。
20160213_8711.jpg
私たちは、この春休みに1ヶ月間、タイのバンコクで海外・異文化交流プログラムに参加してきました!
現在、吉田ゼミでは、フィリピンのセブ島とタイのバンコクの2ヶ所で海外インターンシップと異文化交流プログラムを行っています。
セブでは企業体験研修、バンコクでは異文化交流を目的としています。
受入先は、吉田先生の人脈によるもので、海外で活躍する日系企業です。
最近は、藤井ゼミの学生たちも参加するようになり、多くの経営学部の学生たちがこの活動を経験するようになってきています♪
タイは、インドシナ半島の中央部に位置し、平均気温が28度の常夏の国です。公用語はタイ語ですが、私たちが過ごしたバンコクは観光地としても有名なので、英語がわかる店員がいることが多いです。そのため、普段の買い物や食事では英語と少しのタイ語を使っていました。物価が安いので、1食150円ほどで済みました。
私たちは、株式会社茂呂製作所にお世話になりました。
20160216_8461.jpg
ここで提供していただいた異文化交流プログラムは、タイ人スタッフに日本語や日本の文化を教えるというものです。タイ人スタッフの日本語力には差があり、全く日本語を知らないスタッフから尊敬語や謙譲語を学びたいスタッフまでいました。そのため、担当するスタッフに合った勉強方法を考え、毎朝、業務開始前の1時間を使って教え込みます。
20160210_2603.jpgのサムネイル画像
また、寮の清掃をすることから自分を磨くことを課されました。
タイで就労するにはVISAの他に許可証が必要となるため、労働者として業務に従事することができないため、
この2つが滞在中に行う内容となっています。それ以外の行動は全て自由です。
タイでの異文化交流プログラムは、社長の方針が"自主的"のため、自由の時間が多いです。その自主的に行動することによって、より大きな成長に繋がると思います。
私たちは、タイ人スタッフに頼んで様々なところに同行させていただいたり、大学の勉強のために自主的に自分が気になる企業や学校にアポを取り、訪問させて頂いたりしました。経営を勉強する私にとって海外の企業見学をできたことは大変勉強になるとともに、刺激を頂き視野が広がりました。
タイに進出している日本企業6社に訪問してきたのですが、タイと日本の企業の違いや海外で働く楽しさややりがいなど、海外で働いている社員の方だからこそ聞けるお話をたくさん伺うことができました。
KIKUYA_8822.jpgのサムネイル画像
言葉が異なる国でのアポ取りはとても大変でした。しかし、挑戦することが大切だと思い、積極的に電話を掛けて会社訪問を依頼しました。その結果、多くの情報を得られたので、就職活動に活かしていきたいと思います。
最後に!
タイには世界遺産や観光スポットが沢山あります。
私たちもワットポーやワットアルンに行ったり、象に乗ったり、様々なマーケットで買い物したりしました。
20160214_5238.jpg ワットポー6941.jpg
20160212_1475.jpg 高校_1932.jpg
茂呂社長やタイ人スタッフに様々な場所に連れて行って頂き、多くの初めての体験や発見をすることができました。また、タイ人スタッフと接する時間が長かったため、タイ人と日本人の価値観や考え方の違いなどを身近で感じることができました。とても仲良くなったので、最後のお別れの時間がとてもつらかったです。
あゆむくんイケメン_7106.jpg
私たちが様々な経験や充実した1か月間を過ごすことができたのは、この機会を作ってくださった茂呂製作所様、吉田先生のお陰です。本当にありがとうございました。この経験を生かして、今後のゼミ活動や就職活動に取り組んでいきたいと思います。

 

 

2015夏 海外インターン

2015年11月14日 20:32

こんにちは~!3年の坂場野崎です(*'ω'*)

私達は、今夏の1ヶ月半 フィリピンのセブ島でインターンシップを行ってきました!

セブ島はフィリピン中部のビサヤ諸島にある細長い島で、周囲は小さな島々に囲まれています。年中気温が2530℃という常夏の場所で、私達が行った8月~9月は雨期でしたが、想像していたより雨は降りませんでした!

私達は、コールセンター業務をやらせて頂きました。クライアントの方から目的と説明を受け、クライアントの方と練習を行った上で、お客様に架電を開始しました。最初は、緊張してお客様と上手く話せずに苦戦しましたが、会話が長く続けられたり、成果をあげられたりした時の達成感は大きく、毎日やりがいを感じることが出来ました!また、会社からの景色はセブシティを一望でき、休憩時間は会社の近くにあるアヤラモールでご飯を食べたりしました!写真のYakimeshiは安くておいしいのでオススメです!

 

業務終了後、平日は寮に帰ってから2時間の英会話の授業があり、日々英語力のなさを実感していましたが、勉強をするうちに会話が出来るようになって嬉しかったです。英語の先生はとても話しやすく、休憩時間にご飯が美味しいお店を教えてくれたり、休日にご飯に連れて行ったりしていただきました☆

 

寮での生活は、日の出が早いので太陽の光を浴びて目覚める事が出来たり、自然に囲まれて規則正しい健康的な生活を送ることが出来ました!また、色々な大学から学生が集まっているので、和気あいあいと非常に楽しく過ごす事ができ、共同生活を通じて交友関係を広めることが出来ました!写真は、寮で食べていた夜ご飯です(^^)

 

休日は、日本人スタッフの方にナルスアン島へ連れて行っていただいたり、会社主催のビーチパーティーに参加させていただいたり、ショッピングやスパ、インターン生の誕生日会などを行いました!私達が一番印象に残っているのは、寮のインターン生でマラパスクア島やカランガマン島に旅行したことです。朝早く出発し、車と船を乗り継ぎ5時間程で到着しました。島の海はとても綺麗で感動しました!また、野生のクマノミやイルカを見ることが出来たり、夜は満点の星空を見る事が出来ました☆彡

  

 

最初は、言語や生活様式、価値観の違いに驚き、不安でいっぱいでしたが、楽しく充実した日々を過ごすことが出来ました。私達が、セブ島で様々な経験や素敵な思い出を作れたのは、この機会を作ってくださった株式会社ガリバー・オフショア・アウトソーシング様、吉田先生のお陰です。本当にありがとうございました。

 

 

2015年10月18日 22:43

現在、吉田ゼミでは鎌倉市に地域住民にも観光客にも喜んでお越し頂けるためのコミュニティ・カフェ「RUK cafe」を立ち上げるプロジェクトを行っています!

"RUK Cafe" は Rissho University Kamakura Cafe から頭文字をとってRUK(ラク:楽)として、このラクには鎌倉の地域住民の方々や鎌倉を愛するすべての人たちに、「鎌倉をもっと楽しんでもらいたい」そんなきっかけをつくる空間を作り上げたいと願いを込めて名付けたものです。

ゼミ生はRUKcafeのオープンに向けて運営やメニューの開発、情報発信活動などを頑張っています><

今回は、そんなゼミ生達の活動やカフェの情報発信のためのホームページが出来たことをお知らせいたします!!

ruk.JPG

URL:http://rukcafe.tumblr.com/

ゼミ生の活動はもちろん、気になるメニューやRUKcafeのコンセプトなどの情報が盛りだくさんです。

是非アクセスしてみてください。何か改善のためのご意見等ありましたら大歓迎です。情報提供やご指導よろしくお願いいたします♪

お店は11月6日(金)にオープン致しますので、近くにお越しの際には是非お店にも足をお運びください!!