立正大学経営学部

畠山仁友講師プロログ

立正大学経営学部TOP > 畠山仁友講師プロログ > > 墨田区の町工場見学Part2

墨田区の町工場見学Part2

2016年6月 1日 13:55

墨田区の町工場訪問Part2

 

 前回に引き続き、3年生と一緒に、墨田区の町工場の見学に行ってきました。

 

浜野製作所

 

 浜野製作所は、板金加工や金型製作とプレス加工を主に行っている会社です。板金加工は、レーザーやプレス機で金属を切ったり打ち抜いたりする加工のことです。生産ロット数が少ない場合には、コストが安く済みます。一方で金型は1つの部品に1個の金型が必要になり、1個あたり安くても数十万円かかります。そのかわり加工が楽に済み、大量生産するとコストが安く済みます。

 手押しでの金型のプレス加工を体験させてもらいましたが、人の手だと出来上がりにバラツキが出ます。また、機械で加工するのも簡単ではなく、プレスする回数や力を細かく設定しなければならないそうで、機械で加工といっても熟練の勘がいるようです。

 

factory44.JPG 

 大規模な機械が多数あり、「町工場」のレベルではありませんでした。プレス機も、35t、50t、80tなど押す力別に機械が導入されていました。安全装置がもちろんついていますが、手が挟まったら大変だろうなとドキドキして見てました。

 

factory45.JPG 

ガレージスミダ

 

 浜野製作所は、ベンチャー企業を技術的にサポートする施設として、「ガレージスミダ」をつくりました。『ガイアの夜明け』でも取り上げられた場所で、中小企業ながらも積極的にお金を投資する会社という印象です。

 入居費用はもちろんかかりますが、レーザー加工できる機械や3Dプリンターなど最新設備が揃っており、また浜野製作所の従業員さんのアドバイスも受けることができる施設となっています。

 

factory46.JPG 

消費者向け商品の開発の難しさ

 

 浜野製作所は基本的に企業向け製品をつくり、取引をするBtoB企業です。「消費者向け商品はつくらないんですか?」と聞いたところ、「消費者向けの商品はつくって納品して終わりではなく、販売網や品質管理など手間がかかるため難しい」そうです。また、生産ロットも1万個や2万個つくらないと利益が出ない場合が多いため、なかなか商品をつくるのは難しいようです。

 ゼミ生は、ものづくりの大変さと利益を出す難しさを学べたと思います。いよいよ、ゼミでは商品開発のアイデア出しと本格的に進んでいきますが、2社を訪問して得た経験と知識を活用して欲しいと思います。