立正大学経営学部

立正大学経営学部TOP > 経営学部 「3つの方針」

経営学部 「3つの方針」

経営学部 「3つの方針」

学位授与の方針

経営学部では、経営学に関する深い専門領域の研究を通じて、産業、社会ひいては人類に貢献する「心豊かな産業人」を育成するため、以下を満たした学生に対し、学位を授与します。

  • 1.現代産業社会を複合的かつ本質的に理解するための幅広い教養を修得した者
  • 2.企業を中心とする組織の運営とその課題の解決に当たれる経営分野の専門知識と技能を修得した者
  • 3.学部所定の単位を取得した者

教育課程編成・実施の方針

経営学部では、学部の教育目的を実現するため、以下のような方針に沿って、教育課程を編成・実施しています。

  • 1.「心豊かな人物」育成のための教養的科目群と、「産業人」育成のための専門科目の設置
  • 2.組織の中で自立できる人材育成を図るための講義と演習、卒業論文等の作成科目の設置

入学者受入れの方針

<求める人物像>
経営学部では、学部の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  • 1.大学卒業後の目指すべき進路を明確に定めている者
  • 2.高等学校卒業レベルの言語能力と社会科科目の基礎知識を有し、それらを発展させ、能動的にテーマを設定し勉学に取り組む意欲のある者

<入学までに身に付けてほしい知識・能力等>
あらかじめ当該教科に係る科目をよく勉強して、入学までに以下のような知識・能力等を身に付けておくことを望みます。

  • 1.国語
    専門書や資料などを理解するための読解力、自分自身の意見をレポートや論文として
    まとめるための文章力
  • 2.外国語
    英語の論文や資料などを理解するための語学力、自分自身の考えを英語で表現する力、
    グローバルな環境でのコミュニケーション能力
  • 3.地理歴史・公民
    社会の動きやしくみを理解する上で重要となる、歴史や社会に関する基本的知識

注:以上は、経営学部で教育を受けるにあたってあらかじめ身に付けておいてほしい
主な知識・能力等を列挙したもので、出願資格・条件とは関係ありません。