HOME > 受験生のみなさまへ > OB・OGインタビュー > File.002:小林彩奈さん
File.002:小林彩奈さん
グループワークやプレゼンで培った
人を見る力と逆説的な視点が
ハイレベルな接客業務を支えています

リゾートトラスト株式会社
東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート 営業

お客さまの真意を汲み取りながら、
潜在的なニーズを察知していく仕事です

全国に会員制リゾートホテルやゴルフ場を展開する、総合リゾート企業に就職しました。現在は東京ベイコート倶楽部の営業として、お客さまのニーズに合わせた宿泊のご提案や各種プラン・イベントのご案内をしています。
接客業務は電話での会話の中から、弊社の魅力を最大限に感じていただくトーク力やきめ細かな心づかいが求められます。大切なお客さまに、より快適にご利用いただくことを第一に考えて、信頼関係の構築に努めています。

経営学部で学んでよかったこと

経営学の専門的な学びは、どの業界・企業でも必ず役立つと考えて経営学部を選びました。実際に現在の業務でも、ホテルのプランやイベントをご案内していくなかで、対象を定めて効果的にアプローチしていくマーケティング理論が役立っています。

ゼミナールで学んだこと

大丸百貨店との産学連携プロジェクトやプレゼンテーション大会をとおしてマーケティング戦略の実践を学んだゼミナールでは、プロジェクトを進めながらメンバーの得意・不得意を踏まえた役割分担や声かけを常に意識し「相手の気持ちを考えた接し方」を試行錯誤しました。その経験が今、お客さまのニーズを引き出すことや信頼関係を築くことに役立っています。
またプレゼン後のディスカッションでは、質問する内容の精度も問われました。「どれだけ逆説的な視点を持って考えられるか」の訓練が、お客さまの真意の追求と新たな提案につながっていると感じます。

ゼミナールで得られた力

グループのメンバーをまとめるために、自らがまず率先して取り組むことを心がけ、難しい作業も「今、がんばろう」と逃げずにやり抜くことで大きな成果と達成感が得られました。困難なことほどおもしろいと思える思考はゼミナールの活動をとおして身についた強みです。

就活のポイント

「どこかの会社に選ばれる」のではなく「自分が働きたい」と心から思える会社を選びたかったので、さまざまな業種の説明会に行きました。また自己分析の内容を深くするため友人に長所と短所を指摘してもらったり、社会的なマナーを身につけるために秘書検定2級を取得するなど、必要と思うことは何でも実行するようにしました。

これからの目標

今はひとりでも多くのお客さまと接して経験を積み、将来的には経営学の学びを生かしてホテル全体のホスピタリティをより向上していくマネジメント職に就きたいと考えています。

Top