立正大学経営学部

立正大学経営学部TOP > 学部長挨拶

学部長挨拶

学部長挨拶

立正大学経営学部長 宮川 満  教授

profile_miyagawa2.jpg

現代の人々は、企業と深く関わって生活をしています。
私たちが手にする製品やサービスは、企業の活動を通じて生み出されたものですし、大多数の人たちは、企業で働いて生計を立てています。もっと大きく見れば、企業活動は社会の豊かさを生み出す源泉となっていると同時に、多くの社会問題を生み出してもいます。
こうしたことから、企業の行動を理解し、企業組織の運営法を考えることを主な領域とする経営学は、現代に生きる人々にとって学ぶ価値をもつ学問だといえます。

さて、立正大学経営学部における教育は、理論的側面と実践的側面に共に関心を払った教育を行っています。すなわち、現代的な経営学理論を通じて企業の行動をしっかりと理解すると同時に、実務的な活動に携わる際に必要とされる基礎的なスキルを身につけることも目標としています。

本学部における教育の主な特徴は、次の通りです。

  • 1.ゼミナール活動等を通じ、他者と協力して問題理解を深め、問題解決につなげる力(経営学部では「共創力」と呼んででいます)を育成すること。
  • 2.経営者・実務家との交流を通じ、企業経営の姿をリアルに理解できるような理論と実践の結合による学びの機会を提供すること。
  • 3.アジアの言語を含む言語教育・文化教育を通じて、グローバルな視点を育成すること。
  • 4.情報通信技術を使いこなせる環境を提供することを通じ、情報化社会に対応した基礎的なビジネス・スキルを養成すること。
  • 5.大学内外の人々とのかかわりを通じて、「他人の立場でものを考える力」を養い、心の豊かさを育成すること。

経営学に関する深い専門領域の研究を通じて、産業・社会ひいては人類に貢献する「心豊かな産業人」(モラリスト×エキスパート)の育成を目指す立正大学経営学部をどうぞよろしくお願いいたします。