HOME > 学部概要 > 学びのながれ
学びのながれ
学びのながれ

学びのながれ

カリキュラム

1年次で経営学の基礎を学び、2年次からは専門的なゼミナール(通称ゼミ)で実践的な学びと自由で活発な討論をとおして研究を深めます。職業へつながるスキルと社会で活躍できる人間力、どんな時代でも輝くことのできる共創力を育てます。

1年次 経営学の基礎を学ぶ

「戦略経営」「マーケティング」「会計」「情報システム学」の4つの分野に分けた経営学の基礎を学びます。

2年次 ゼミナールで専門分野を学ぶ

2年次からはじまるゼミは、自分の興味のある分野を選択し学びます。論文の輪読、調査、ディスカッション、フィールドワークなどのゼミ活動をとおして広い視野を身につけます。

3年次 ゼミナールの中心となって活動する

2年次から選択したゼミでの知識や技術をさらに深め、学内外での発表大会や海外でのインターシップ、企業との共同プロジェクトや自治体への提案などで、学んだことの成果を発揮します。

4年次 4年間の学びを卒業論文にまとめる

ゼミで学んだ「問題発見・分析・解決」の技術を活かして卒業論文を作成します。またゼミの指導教員のサポートとゼミのOB・OGの現場の声を受けながら就職活動を行います。


学部間相互履修制度

経営学部では、学部間相互履修制度を導入しており、他学部が開設している特定の科目を履修することができます。なお卒業基準単位に含まれるものと含まれないものがあります。

1.卒業基準単位に含まれる科目(12単位まで)

法学部開設科目
法学入門 憲法入門 民法入門 刑法入門 憲法(人権) 民法総則 物権法 債権法総論 契約法 行政法入門 企業法入門 企業法総論 企業取引法 歴史と法 哲学と法 社会と法 ジェンダーと法 開発と法 NPOと法 メディアと法 仕事と法 外国と法 教育と法 福祉と法 科学と法 国際化と法 社会保障法 国際政治 消費者法 国際通商法

経済学部開設科目
マクロ経済学基礎 ミクロ経済学基礎 マクロ経済学 ミクロ経済学 財政学1・2 金融論1・2 労働経済学1・2 社会保障論1・2 地方財政論1・2 環境経済学1・2

2.卒業単位に含まれない科目

文学部開設科目
ALL English Program(Introduction to Cultures of the World 1~10)

法学部開設科目
現代の政治〈石橋湛山の政治思想〉 現代の経済〈石橋湛山の経済思想〉


経営学部で学べる科目

国際経営論

主に多国籍企業を対象とした国際経営論の基礎を理解することを目的とし、今日の多国籍企業の諸活動を国際化戦略、社会的責任、人的資源管理の観点から理論と実践を学びます。

情報処理論

パソコンの標準的な環境とされているWindows環境でのコンピュータリテラシーを学び、ExcelやWordの基本操作を習得します。

広告論

広告の基礎知識を身につけ、広告ビジネスがどのように成り立っているのかを理解することを目的としています。広告を送りだす企業や広告会社の意図を分析し、制作の課程と計画について学びます。

初級財務会計

投資家や債権者に対して、企業の財政状態や経営成績を説明するのが財務会計です。初級財務会計では会計に関する制度やルールを学び、財務諸表の基礎知識を修得します。


経営総合特論

経営者のリアルな声が聞ける特別講義

経営者や有名企業のさまざまな部署のマネージャーなどを第一線で活躍する方々を講師に招き、企業経営の生の声を聞ことができる特別講義を展開しています。これまでにお招きした講師陣は、オリエンタルランドやカゴメ、野村證券などのみなさんです。

Top