プロフィール

学歴

1983年3月
立正大学大学院文学研究科博士後期課程英文学専攻満期退学

職歴

1983年4月
立正大学文学部英文学科助手
1985年4月
立正大学教養部専任講師
1988年4月
立正大学教養部助教授
1994年4月
立正大学教養部教授
1995年4月
立正大学文学部英米文学科教授
1996年4月
立正大学大学院文学研究科英米文学専攻Mマル合教授
2002年4月
立正大学文学部文学科英語英米文学専攻コース教授
2006年4月
立正大学大学院文学研究科英米文学専攻Dマル合教授
2013年4月
立正大学文学部長
2016年4月
立正大学長・立正大学学園副理事長(現在に至る)

学位・称号

文学博士(立正大学・2005年)

専門領域

19世紀アメリカ文学・文化
(ワシントン・アーヴィング研究 ナサニエル・ホーソーン研究 О・ヘンリー研究)

主な学会活動および社会的活動・受賞歴

1985年4月
日本ナサニエル・ホーソーン協会事務局編集委員(1992年3月迄)
1990年4月
実用英語技能検定面接試験委員(2014年8月迄)
1996年4月
(社)日本ペンクラブ会員(現在に至る)
1999年4月
(財)日本英文学会評議員・大学選出委員(2017年1月迄)
2002年11月
国際異文化学会会長(2007年10月迄)
2005年10月
北海道新聞書評委員(2007年10月迄)
2008年3月
「立正大学蘊奥奨励賞」受賞
2008年4月
日本ソロー学会第15代会長(2011年3月迄)
2010年12月
立正大学英文学会会長(2013年3月迄)
2014年4月
NHKカルチャーラジオ「文学の世界」講師(2014年6月迄)
2015年5月
(財)日本英文学会第87回全国大会開催委員長

著作物等

主な著書(単書)

『郷愁の世界一ワシントン・アーヴィングの文学』(旺史社、1993年)
『The Literary Pilgrimage of Nathaniel Hawthorne(英文)』(文化書房博文社、1996年)
『彷徨する文人たちーアメリカ・ロマン派の文学風景』(エディトリアルデザイン研究所、1998年)
『ワシントン・アーヴィングとその時代』(本の友社、 2005年)
『「最後の一葉」はこうして生まれた -O・ヘンリーの知られざる生涯』(角川書店、2005年)
『ユーモア・ウィット・ペーソスー短編小説の名手O・ヘンリー』(NHK出版、 2014年)
『そしてワシントン・アーヴィングは伝説になった—〈アメリカ・ロマン派〉の栄光』(彩流社、2017年)

主な翻訳書

『わが旧牧師館への小径』(『平凡社ライブラリー』、平凡社、2005年)
『ウォルター・スコット邸訪問記』(『岩波文庫』、岩波書店、 2006年)
『ブレイスブリッジ邸』(『岩波文庫』、岩波書店、 2009年)
『スケッチ・ブック(上・下)』(『岩波文庫』、岩波書店、 2014年・2015年)
『昔なつかしいクリスマス』(三元社、2016年)

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る