自己点検・評価

点検・評価報告書

立正大学では、大学・大学院の研究・教育水準の向上に資するため、自己点検・評価委員会、外部評価委員会を置いています。

学長を委員長とする自己点検・評価委員会および大学院自己点検・評価委員会は、全学部長・研究科長を含む委員によって組織し、全学的に自己点検・評価に取り組んでいます。本学の自己点検・評価活動の結果は、「報告書」としてホームページ・学内事務室・図書館で公表しています。

なお、「報告書」は公益財団法人大学基準協会の示す大学基準より、毎年の変化が大きい項目を軸に選択していましたが、2016年度からは全大学基準を取りまとめることとしました。それ以前の掲載内容は表をご参照ください。

2012年度より、学外の有識者による外部評価委員会も実施し、本学が実施する自己点検・評価について、検証および評価を行っています。外部評価委員会の活動については下記より参照ください。

報告書

2011~2016年度における報告書掲載の内容一覧

大学基準2011
(平成23)
2012
(平成24)
2013
(平成25)
2014
(平成26)
2015
(平成27)
2016
(平成28)
1.理念・目的
2.教育研究組織
3.教員・教員組織
4.教育内容・方法・成果
5.学生の受け入れ
6.学生支援
7.教育研究等環境
8.社会連携・社会貢献
9.管理運営・財務
10.内部質保証
ページの先頭へ戻る