品川キャンパス・マスタープラン

キャンパス・マスタープランとは

大学の建学の精神に則った教育理念、経営方針を基盤として、大学を取り巻く様々なステークホールダー(在学生、教職員、卒業生、未来の受験生、大学の周辺住民・地域の人々など)の意向・気持ちを踏まえ、時代の変化に柔軟に対応しながら教育研究の場としてのキャンパス空間をどのように作り上げていくべきかという中長期的指針が「キャンパス・マスタープラン」です。

品川キャンパス・マスタープランの位置づけ

2015年4月、新たに『品川キャンパス・マスタープラン』を作成しました。これまで周年事業として行われてきた品川キャンパスの整備は、そのときどきのニーズに対応した教室などの施設整備を中心としたものでしたが、今後は、先発の国立大学での取り組みにも引けをとらない、中長期的なビジョンに基づいた整備ガイドラインとして、この『品川キャンパス・マスタープラン』を活用してまいります。

品川キャンパス・マスタープランの基本方針と基本姿勢

この『品川キャンパス・マスタープラン』の基本方針として、建学の精神を体現し、豊かな人間性を育む、立地特性を生かした「立正大学らしい」キャンパス、また、本学の「特色ある教育・研究環境」を充実させるべく、都市型キャンパスとして地域社会の核となり得る安心安全なキャンパス、時代のニーズに柔軟に対応可能なキャンパスを目指すことが宣言されています。
施設整備に関する基本姿勢は、“Share × Link”という言葉に集約されています。「重ね使い」「関連付け」といった具体的な整備の方策もさることながら、品川キャンパスを構成する総ての学部学科、教職員・学生が「分かち合い」の精神を深く胸に刻み、有機的な「繋がり」「絆」を意識した他者への奉仕を実践することをも意味しています。その相乗効果により「新たな価値」を生み出し続ける立正大学の可能性を追求していこうという姿勢を明らかにしています。

この度、ホームページに示すものは『品川キャンパス・マスタープラン』の概要版ですが、そこには品川の地に根ざす立正大学が目指すところの教育・研究・社会貢献に対する真摯な姿勢が反映されています。ご一読ください。

ページの先頭へ戻る