教育目標/三つの方針

立正大学

立正大学は建学の精神に基づき、深い教養を備え、モラルと融合した感性豊かな専門性にすぐれた人材を養成すること、およびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」および「入学者受入れの方針」を一体的に定め、公表します。

教育目標

立正大学は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針

立正大学は、各学部学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・建学の精神を貴ぶ姿勢を有している。
・モラル・学識と専門性・能力を掛け合わせながら社会に貢献しようとす公共的使命を持ち、
 生涯にわたって学び成長し続ける豊かな人間性と自律性を身につけている。
・人や文化の多様性を受容し、他者と協働して新しい価値を創造しようとする態度を身につけている。
・人間・社会・地球と積極的に関わり、主体的に行動しようとする視点を身につけている。
<思考・判断・表現>
・人間・社会・地球の諸課題を発見し、その機序を探求しようとする思考力を有している。
・人間・社会・地球の諸課題を解決するために、論理的・批判的に判断することができる。
・自らの考えを他者に理解されやすいように表現することができる。
・生涯を見通しながら現在の学びを計画するキャリア形成力を身につけている。
<知識・理解>
・所属学部学科の専門分野についての全般的な知識を身につけ、理解している。
・所属学部学科の特定の専門分野についての応用的な知識を身につけ、理解している。
・人間・社会・地球に関する基礎的な知識を身につけ、理解している。
・外国語運用能力およびその背景にある当該外国の文化・歴史等に関する知識を身につけ、
 理解している。
<技能>
・日本語・外国語の表現力やメディアリテラシー・情報倫理を含む、コミュニケーション能力を
 身につけている。
・修得した知識・技能・態度等を統合化し、活用する力を身につけている。
・複合的・多面的な領域への学修経験がある。
・課題を発見し、探究し、解決し、表現する力を身につけている。
・論理的・批判的思考力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針

立正大学では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。

入学者受入れの方針

立正大学では、下記のような学力を備えた者を求めています。

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・世のため人のために自らを役立てることに喜びを感じ、そのためにこそ人格的・学問的に自分を磨く
 努力を惜しまない者。
・学びを社会的に実践し、これを再び学びや人格形成に反映させることのできる者。
・有限で多様な個性を資源として尊重し、有機的につなぎ合わせ、活かし活かされようとする態度を
 身につけている者。
<思考力・判断力・表現力>
・身に付けた知識・技能を活かしながら、課題を発見し、探究し、解決し、表現できる者。
・他者を尊重し活かした思考とコミュニケーションによって相乗的に物事を進めることができる者。
・異知を融合化させて新しい価値を創造できる者。
<知識・技能>
・当該学部学科の専門分野に関係する基礎的な知識・技能を十分備えている者。
・当該学部学科の専門分野に関係する時事問題に関心・知識を有している者。

入学者選抜の基本的な考え方

本学では各学部学科の「入学者受入れの方針」「求める人物像」に適合する者を多様な選抜方式での全学部入試一般入学試験(2月前期・2月後期・3月)のほか、大学入試センター試験利用入学試験、AO入学試験、推薦入学試験、特別入学試験等多様な選抜方式での入学試験制度を採用し、これにより多様な人材を受け入れることを目指しています。

<全学部入試一般入学試験(2月前期・2月後期・3月)>
全学部入試一般入学試験では高等学校において基礎的な学力(主に知識・技能、思考力)を修得し、大学での学修に必要な基礎学力を有しているかを基準に判断し、選抜を行います。3教科(①国語・地歴公民・英語、または②国語または数学・理科・英語、または③国語・数学・英語)を受験し、3教科、または高得点2教科により判定を行います。
<大学入試センター試験利用入学試験>
大学入試センター試験利用入学試験では高等学校において基礎的な学力(主に知識・技能、思考力)を修得している学生を選抜します。学部学科の「求める人物像」に応じて教科を採用し、基礎的な学力において判定を行います。
<AO入学試験>
基礎学力を有し、特に思考力・判断力・表現力・主体性・協働性を有し、課題に柔軟に取り組むことのできる能力と資質を有している学生を選抜します。また、個人の活動として、教科学修外における活動成果(検定資格・スポーツ活動・文化活動等)や様々な経験(生徒会活動・ボランティア活動・留学経験等)、知的関心、また入学後に自らの目標を目指した学修活動への意欲等、これらを総合的に評価します。
<推薦入学試験(指定校・公募制・付属準付属校)>
推薦入学試験は、高等学校・中等教育学校在籍生全体を対象とした入学試験です。学修態度が良好であり、一定レベルの学力を修得し、学修意欲が旺盛で立正大学において学ぶ能力を有していると高等学校が認めた者、さらに特定のスポーツにおいては、立正大学でのスポーツ活動に求められる資質・能力を有する者等、これらの生徒の推薦を求めています。明確な学修意欲、また主に表現力・主体性・協働性を重視し面接、調査書等より総合的に評価を行います。
<特別入学試験>
(専門高校(学科)・総合学科生徒入学試験)
高等学校・中等教育学校における職業教育を主とした農業、水産、工業、商業、情報、総合学科等の生徒を対象とした入学試験です。明確な学修意欲、また主に表現力・主体性・協働性を重視し面接、調査書等より総合的に評価を行います。
(海外帰国生徒入学試験)
海外における多様な教育課程において修得した知識・技能と、海外生活での豊富な経験を生かし地球社会に生きる地球市民として行動する視点をもつ学生の受け入れを目的としています。各学部・学科(コース)における「求める人物像」とのマッチング、小論文、面接等により主に思考力・判断力・表現力と主体性・協働性の確認とともに総合的に選抜します。
(社会人入学試験)
生涯にわたって学び成長し続ける持続性・社会性・能動性をもつ社会人の受け入れを目的としています。学部・学科(コース)における「求める人物像」とのマッチング、小論文、面接等により主に知識・技能、思考力・判断力・表現力と協働性の確認とともに総合的に選抜します。
(外国人留学生入学試験)
日本国籍を有しない学生を対象とし、地球社会に生きる地球市民として行動する視点において、多様性に関する理解と異文化理解、日本文化の理解、さらに本学における各学部学科の有する専門分野を学ぶ意欲をもつ学生の受け入れを目的としています。日本語作文や英語基礎学力テスト、面接等により、知識・技能、思考力・表現力と協働性の確認とともに、日本留学試験(EJU)等の成績を含めて総合的に選抜します。

大学院

「修士課程」
本大学院は、その修士課程教育プログラムを通じ、変化の激しい予測困難な時代にあっても一個の重心・芯となるべき「モラリスト×エキスパート」として、次のような資質・能力等を養うことを教育の目標とする。

1.専門性・能力とモラル・学識を掛け合わせながら社会に貢献しようとする使命感
2.当該研究科の学問分野全般についての体系的な知識
3.専攻する特定の領域についての高度な専門性
4.専攻する特定の領域に関する内容・形式両面で優れた修士論文の作成能力
5.隣接領域の研究成果を自らの研究領域に統合的に反映させようとする態度

「博士後期課程」
本大学院は、その博士後期課程教育プログラムを通じ、変化の激しい予測困難な時代にあっても一個の重心・芯となるべき「モラリスト×エキスパート」として、次のような資質・能力等を養うことを教育の目標とする。

1.高度な専門性・能力と豊かなモラル・学識を掛け合わせながら社会に貢献しようとする使命感
2.専攻する特定の領域についての精深な専門性とこれを社会的に実践する力
3.専攻する特定の領域に関する内容・形式両面で優れた博士論文の作成能力
4.隣接領域の研究成果を自らの研究領域に統合的に反映させる力

三つの方針

大学教育は、建学の精神や教育理念・目的に基づく三つの方針に基づいて展開されています。全国の大学がまったく同じ教育を行っているのではなく、大学によって異なる方針に基づいて教育を行なっています。方針は、大学全体のほか学部や学科で定めているものもあります。また、各研究科においても同様に研究科や専攻で定めています。本学の方針は次のようなものです。

  • 卒業認定・学位授与の方針
  • 教育課程編成・実施の方針
  • 入学者受入れの方針

卒業認定・学位授与の方針

立正大学は、各学部学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・建学の精神を貴ぶ姿勢を有している。
・モラル・学識と専門性・能力を掛け合わせながら社会に貢献しようとす公共的使命を持ち、生涯にわたって学び成長し続ける豊かな人間性と自律性を身につけている。
・人や文化の多様性を受容し、他者と協働して新しい価値を創造しようとする態度を身につけている。
・人間・社会・地球と積極的に関わり、主体的に行動しようとする視点を身につけている。

<思考・判断・表現>
・人間・社会・地球の諸課題を発見し、その機序を探求しようとする思考力を有している。
・人間・社会・地球の諸課題を解決するために、論理的・批判的に判断することができる。
・自らの考えを他者に理解されやすいように表現することができる。
・生涯を見通しながら現在の学びを計画するキャリア形成力を身につけている。

<知識・理解>
・所属学部学科の専門分野についての全般的な知識を身につけ、理解している。
・所属学部学科の特定の専門分野についての応用的な知識を身につけ、理解している。
・人間・社会・地球に関する基礎的な知識を身につけ、理解している。
・外国語運用能力およびその背景にある当該外国の文化・歴史等に関する知識を身につけ、理解している。

<技能>
・日本語・外国語の表現力やメディアリテラシー・情報倫理を含む、コミュニケーション能力を身につけている。
・修得した知識・技能・態度等を統合化し、活用する力を身につけている。
・複合的・多面的な領域への学修経験がある。
・課題を発見し、探究し、解決し、表現する力を身につけている。
・論理的・批判的思考力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針

立正大学では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。

1.全学共通カリキュラムの多面的履修を含め、基礎的な学習能力を養うとともに、人間・社会・地球環境に対する理解を深め、専門領域を超え問題を探究する姿勢を育成する課程の編成
2.学部・学科における体系的学習と、学部・学科を横断する学際的学習とを通して、現代の多様な課題を発見、分析、解決する能力を育成する課程の編成
3.講義および演習での学びや、卒業論文等の作成を通して、知識の活用能力、批判的・論理的思考力、問題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力、異文化理解力などを統合する学士力を育成する課程の編成

入学者受入れの方針

立正大学では、下記のような学力を備えた者を求めています。

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・世のため人のために自らを役立てることに喜びを感じ、そのためにこそ人格的・学問的に自分を磨く努力を惜しまない者。
・学びを社会的に実践し、これを再び学びや人格形成に反映させることのできる者。
・有限で多様な個性を資源として尊重し、有機的につなぎ合わせ、活かし活かされようとする態度を身につけている者。

<思考力・判断力・表現力>
・身に付けた知識・技能を活かしながら、課題を発見し、探究し、解決し、表現できる者。
・他者を尊重し活かした思考とコミュニケーションによって相乗的に物事を進めることができる者。
・異知を融合化させて新しい価値を創造できる者。

<知識・技能>
・当該学部学科の専門分野に関係する基礎的な知識・技能を十分備えている者。
・当該学部学科の専門分野に関係する時事問題に関心・知識を有している者。

  • 学位授与の方針
  • 教育課程編成・実施の方針
  • 入学者受入れの方針

学位授与の方針

「修士課程」
立正大学大学院修士課程では、広い視野に立った精深な学識および専攻分野における研究能力や高度の専門性を要する職業等に必要な能力を身につけた者として、以下を満たした大学院生に対し学位を授与します。
1.各研究科の修士課程に所定の期間在籍し、所定の単位を修得し、かつ修了要件を満たした者
2.必要な研究指導を受け、修士論文の審査および最終試験に合格した者、または、研究科によっては修士論文以外の方法により合格した者

「博士後期課程」
立正大学大学院博士後期課程では、専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を身につけた者として、以下を満たした大学院生に対し学位を授与します。
1.各研究科の博士後期課程に所定の期間在籍し、所定の単位を修得し、かつ修了要件を満たした者
2.必要な研究指導を受け、博士論文の審査および最終試験に合格した者

教育課程編成・実施の方針

「修士課程」
立正大学大学院修士課程では、教育研究上の目的を実現するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成・実施しています。
1.各専門分野に関する高度な専門知識を修得するための科目の設置
2.各専門分野に関する修士論文の作成、または、研究科によっては研究成果報告書の作成に向けた個別研究指導の実施

「博士後期課程」
立正大学大学院博士後期課程では、教育研究上の目的を実現するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成・実施しています。
1.各専門分野に関する高度な専門知識を修得し、諸課題に対応できる研究能力を養成するための科目の設置
2.各研究分野に関する博士論文の作成に向けた個別研究指導の実施と研究発表の実践

入学者受入れの方針

「修士課程」

—求める学生像—
1.各研究科で学修・研究するために必要な基礎的学力を備え、研究意欲と明確な目的意識を有する者
2.学士課程教育で得た知識・能力とモラルを掛け合わせながら、社会に貢献しようとする意思のある者

—入学までに身に付けてほしい知識・能力等—
1.当該研究科の学問分野全般についての学士課程レベルの幅広い基礎知識
2.専攻する特定の領域についての一定の専門知識
3.修士論文執筆のための研究計画作成能力
4.論理的・批判的思考力、課題発見・探究・表現能力、コミュニケーション能力(学修・研究に必要な語学力を含む。)
5.異領域への関心

「博士後期課程」

—求める学生像—
1.専門性・能力とモラル・学識を掛け合わせながら、社会に貢献しようとする使命感のある者
2.高度な専門的職業人または研究者として活躍することを希望する者

—入学までに身に付けてほしい知識・能力等—
1.専攻する特定の領域について作成した高度な修士論文
2.博士論文執筆のための高度な研究計画作成能力
3.高度な論理的・批判的思考力、課題発見・探究・表現能力、コミュニケーション能力(学修・研究に十分な語学力を含む。)
4.異領域への関心・知識

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る