沿革

  沿革 一般史
天正 8年(1580) 日蓮宗の教育機関として千葉県に檀林を創立 *立正大学の源流は、教蔵院日生が学徒の教育と日蓮宗学・仏教学の研究を目的として、下総国飯高郷(千葉県匝瑳市飯高)に開設した飯高檀林(いいだかだんりん)に求めることができます。明治期まで教育・研究機関としての重要な役割を果たしてきました。現在でも講堂などの建物が飯高寺として残されています。 1582年  本能寺の変 1600年 関ヶ原の戦
明治 5年(1872) 檀林を廃し東京芝二本榎に小教院を設立 *小教院は立正大学開校の起点となるものであり、その後大正13年の大学令による立正大学設立を経て、近代的な教育機関としてより一層の充実を図っていくことになりました 1871年 廃藩置県発布 1886年 帝国大学令公布
37年(1904) 専門学校令による日蓮宗大学林設置 大崎キャンパス設置 1902年 日英同盟を締結
40年(1907) 日蓮宗大学と改称
大正 13年(1924) 大学令による立正大学設立 文学部(宗教学科、哲学科、社会学科、史学科、文学科)予科、及び研究科を設置 1921年 ワシントン会議開催
14年(1925) 日蓮宗大学を立正大学専門部と改称 宗教科、国語漢文科、歴史地理学科を設置 1925年 治安維持法公布
昭和 20年(1945)戦災の為、大学講堂・寮、中学校舎等を消失 1945年 ポツダム宣言受諾
22年(1947) 文学部に地理学科設置  
24年(1949) 学校教育法により新制大学となる 仏教学部(宗学科・仏教学科)、文学部(哲学科・史学科・文学科・社会学科・地理学科) を設置 1949年湯川秀樹博士、ノーベル賞受賞
25年(1950) 文学部に英文学科を設置 新たに経済学部、短期大学部設置 1950年朝鮮戦争勃発
26年(1951) 私立学校法により財団法人立正大学を改め、学校法人立正大学学園(立正大学、同短期大学部、立正高等学校、立正中学校)となる 大学院文学研究科設置 1951年サンフランシスコ平和条約・日米安全保障条約を締結
27年(1952) 後に総理大臣となる石橋湛山が第16代学長に就任  
42年(1967) 経営学部経営学科設置 熊谷キャンパス(教養部)開設 1964年 東京オリンピック開催 1970年 日本万国博覧会開催
56年(1981) 法学部設置 1980年 イラン・イラク戦争が始まる
62年(1987) 大崎キャンパス再開発起工 1986年 チェルノブイリ原発事故が発生
63年(1988) 大学院経済学研究科設置 1989年 ベルリンの壁崩壊
平成 4年(1992) 開校120周年 大崎キャンパス竣工 *大崎キャンパスは最新鋭のハイテク機器を導入したインテリジェントキャンパスとして生まれ変わりました 1990年 湾岸戦争勃発、ソビエト連邦、解体 1992年 EC12ヵ国が欧州連合条約に調印
6年(1994) 昼夜開講制・夜間主コース開設 大学院法学研究科設置 1995年 阪神・淡路大震災
8年(1996) 社会福祉学部(社会福祉学科、人間福祉学科)設置  
9年(1997) 熊谷キャンパス 新ユニデンス竣工  
10年(1998) 大学院経営学研究科、地球環境科学部(環境システム学科、地理学科)設置  
12年(2000) 大学院社会福祉学研究科、大学院地球環境科学研究科設置  
14年(2002) 開校130周年 心理学部(臨床心理学科)設置 2002年日韓共同開催FIFAワールドカップサッカー開催
16年(2004) 大学院心理学研究科設置 大崎キャンパス 総合学術情報センター竣工  
17年(2005) 大崎キャンパス 9号館(立正大学付属立正中・高等学校校舎及び大学教室)竣工  
18年(2006) 大崎キャンパス 12号館(学生厚生棟)竣エ  
19年(2007) 大崎キャンパス 5・6号館改築工事完成  
21年(2009) 熊谷キャンパス 再整備工事「第一期工事A」竣工  
23年(2011)
心理学部(対人・社会心理学科)設置
2011年 東日本大震災
24年(2012)
開校140周年
心理学研究科(対人・社会心理学専攻)設置
 
25年(2013)
立正大学付属立正中学校、立正大学付属立正高等学校馬込キャンパス移転
 
26年(2014)
大崎キャンパスの名称を品川キャンパスに変更
法学部の平成26年度入学者より品川キャンパスへ履修校地変更
法学研究科を品川キャンパスへ履修校地変更
 
27年(2015)
教職教育センター設置
 
28年(2016)
大学院社会福祉学研究科に教育福祉学専攻設置
 

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る