HOME > 在学中の留学生の方へ > 在留手続き
在留手続き

外国人が日本に在留するためには、日本の法律により、入国管理局や市区町村役所の窓口で、在留に関する種々の手続きを行う必要があります。これらの手続きについては入国管理局のホームページで確認してください。

①大学を卒業した後に就職活動をする時

大学を卒業・修了すると在留資格「留学」のまま日本にいることはできません。就職活動のために日本に残る場合は「特定活動」の在留資格へ変える必要があります。申請は入国管理局で行ないます。
卒業後に継続就職活動を行なうための「推薦状」は、申請者が継続就職活動をすることについて適当であるかどうかの審査を行なった上で、国際交流センターで発行します。

②在籍確認

本学では、留学生の退学者・除籍者・所在不明者について入国管理局に定期報告を行なっています。留学生の皆さんは、毎週1回、国際交流センターの窓口に来て「在籍確認簿」にサインをして下さい。また、年2回の留学生個人面談を必ず受けてください。在籍確認を受けない学生は、授業料減免や奨学金を受けられなくなりますのでくれぐれも注意して下さい。

※帰国する場合は、事前に「一時帰国届」を国際交流センターに提出して下さい。
※在留資格、在留期間、住所、電話番号などが変わった時は、すみやかに国際交流センターで必要な手続きを行なってください。

③在留資格「留学」の失効について

立正大学を卒業・修了すると「留学」の在留資格を失いますので、在留期間が残っていてもすみやかに帰国しなければなりません。退学・除籍・休学の場合も同様です。