HOME > 国際交流センター紹介 > 国際交流センターについて
国際交流センターについて

立正大学国際交流センターでは、皆さんの海外での学びや国際交流をサポートするため、大きく分けて3つの仕事をしています。

① 海外からの留学生の受け入れや生活のサポートをしています。立正大学では毎年約200名の留学生が学んでいます。また、国際交流センターでは、日本語や日本文化を学びたい短期留学生のために「日本語プログラム」を開講しています。

② 日本人学生の皆さんを海外に派遣し、サポートをしています。国際交流センターでは、語学研修、海外個人研修、海外ボランティア、ハワイお寺ステイプログラム、海外インターンシップ、語学留学、交換留学の制度を設け、毎年多くの学生を海外に派遣しています。

③ 学内外での国際交流を促進しています。日本人学生と外国人留学生の交流を活動目的とした学生団体RIEA(立正大学学生国際交流会)の活動援助を行ったり、海外からの留学生に日本のことを知ってもらうためのバスハイク(留学生交流会)を行うなど、様々な国際交流の機会を提供しています。

国際交流センターでは、一人でも多くの皆さんが海外体験や異文化体験を通し、自立心、積極性、コミュニケーション力、広い視野などを得られるよう、さまざまな海外プログラムを実施しています。ぜひ一度、国際交流センターへ足を運んでください。

品川国際交流課  品川キャンパス9号館1階
熊谷国際交流課  熊谷キャンパス19号館(アカデミックキューブ)1階

国際交流センターでは、本サイトやFacebookを通して様々な情報を発信しています。