専攻紹介

修士課程

社会福祉学専攻

学士課程レベルの知識を基礎に、仏教福祉研究もしくは社会福祉研究のゼミナールを履修、さらに社会福祉各分野の理論と実践について、個々人の特性と関心に即した研究指導を受け、研究・実践力を高めることをめざしたカリキュラムを編成しています。

教育福祉学専攻

学士課程レベルの知識を基礎に、現代社会における教育福祉課題を学び、福祉領域、教育領域の双方から理論と実践を総合的に探究するカリキュラムを編成しています。個々人の特性と関心に即して研究指導を受けることができます。


博士後期課程

社会福祉学専攻

高度な創造性や潜在能力を持った人材養成が希求される時代にあって、実践と研究の往還や次世代専門職養成へのより高度な理論と実践力を希求する広義の福祉従事者を養成することをめざします。総合的・学際的に人間や社会に対する理解を深め、幅広い視野から福祉課題にアプローチする研究指導を行います。


ページの先頭へ戻る