教育目標/三つの方針

修士課程

社会福祉学研究科は、応用力・指導力・実践力を兼ね備えた広義の社会福祉研究者・実践者を養成すること、ならびに、そのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに、「修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を定め公表します。

教育目標

社会福祉学研究科は、その修士課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、社会福祉学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会福祉学研究科は、各専攻における修士の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・建学の精神の実現に向け、高度な教育・研究成果とその還元を通して、人類社会の福祉に寄与する意欲を身につけている。
・研究倫理を遵守する態度を身につけている。
・所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格する力を獲得している。
<思考・判断・表現>
・社会福祉・仏教福祉の視点を基盤とした応用的思考力、研究力・実践力を修得している。
<知識・理解>
・社会福祉分野もしくは教育福祉分野に関する基本的な知識を身につけている。
<技能>
・社会福祉分野もしくは教育福祉分野に関する基本的な技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉学研究科社会福祉学専攻修士課程では、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、学問分野に関する科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた高度な授業を開講します。
・個々の特性と研究内容に即し、学生の研究テーマに応じて関心を広げることができるよう、個別の研究指導を中心とする少人数教育による双方向的指導および研究支援を実施します。
・学際的研究や専門的実践力向上のため、他の研究科や他の社会福祉系大学院における履修も可能としたカリキュラムを編成します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学研究科では、研究科における教育目標に共感し、研究意欲をもって取り組むことのできる以下のような者の入学を期待します。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・福祉・教育関連分野への関心を有し、専門的研究・教育に取り組む意欲をもっている者。
・福祉・教育関連分野に従事する社会人で、より深い学識・技術をもつ高度な実践専門家となる意欲をもっている者。
・福祉・教育関連分野の人材養成(教育者)になる意欲をもっている者。
・福祉・教育関連分野の研究者として活躍するために、博士後期課程への進学を目指す意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・論理的分析力・思考力、課題発見能力・探究心・表現能力、コミュニケーション能力を有している者。
・社会福祉理論やソーシャルワーク実践に必要な学際的関心と考察力を有している者。
<知識・技能>
・福祉・教育関連分野について学士課程レベルの基礎知識を有している者。
・福祉・教育関連分野に関する外国語文献の読解力を有している者。

〔入学までに身につけてほしい知識・能力等〕

・福祉・教育関連分野についての学士課程レベルの基礎知識
・修士論文執筆のための研究計画作成能力
・福祉・教育関連分野に関する外国語文献の読解力
・福祉・教育関連の理論や実践に必要な学際的関心と考察する力


社会福祉学専攻 修士課程

社会福祉学研究科社会福祉学専攻は、応用力・指導力・実践力を兼ね備えた広義の社会福祉研究者・実践者を養成すること、ならびに、そのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに、「修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を定め公表します。

教育目標

社会福祉学研究科社会福祉学専攻は、その修士課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、社会福祉学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会福祉学研究科社会福祉学専攻における修士の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・建学の精神の実現に向け、高度な教育・研究成果とその還元を通して、人類社会の福祉に寄与する意欲を身につけている。
・研究倫理を遵守する態度を身につけている。
・所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格する力を獲得している。
<思考・判断・表現>
・社会福祉分野において、応用的思考力、研究・実践力を修得している。
<知識・理解>
・社会福祉分野に関する基本的な知識を身につけている。
<技能>
・社会福祉分野に関する基本的な技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉学研究科社会福祉学専攻修士課程では、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、学問分野に関する科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた高度な授業を開講します。
・個々の特性と研究内容に即し、学生の研究テーマに応じて関心を広げることができるよう、個別の研究指導を中心とする少人数教育による双方向的指導および研究支援体制を実施します。
・指導教授の担当する「社会福祉研究ゼミナール」のほか、基礎共通領域群・理論領域群・実践領域群から視野の拡大と研究の進化を目指した各「研究特論」を履修できる複合的科目をもって編成します。
・学際的研究や専門的実践力向上のため、他の研究科や他の社会福祉学系大学院における履修も可能としたカリキュラムを編成します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学研究科社会福祉学専攻では、専攻における教育目標に共感し、研究意欲をもって取り組むことのできる以下のような者の入学を期待します。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・社会福祉分野への関心を有し、専門的研究・教育に取り組む意欲をもっている者。
・社会福祉分野に従事する社会人で、より深い学識・技術をもつ高度な実践専門家となる意欲をもっている者。
・社会福祉関連領域の人材養成(教育者)になる意欲をもっている者。
・社会福祉学関連の研究者として活躍するために、博士後期課程への進学を目指す意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・社会科学や社会福祉学についての論理的分析力・思考力、課題発見・探究・表現能力、コミュニケーション能力を有している者。
・社会福祉理論の理解やソーシャルワーク実践に必要な学際的関心と考察力を有している者。
<知識・技能>
・社会福祉分野について学士課程レベルの基礎知識を有している者。
・社会福祉分野に関する外国語文献の読解力を有している者。

〔入学までに身につけてほしい知識・能力等〕

・社会福祉分野全般についての学士課程レベルの基礎知識
・修士論文執筆のための研究計画作成能力
・社会福祉分野に関する外国語文献の読解力


教育福祉学専攻 修士課程

社会福祉学研究科教育福祉学専攻は、福祉と教育双方へアプローチし、それぞれの高度な専門的理論と実践を探求できる専門家を養成することを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに、「修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を定め公表します。

教育目標

社会福祉学研究科教育福祉学専攻は、その修士課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、教育福祉学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会福祉学研究科教育福祉学専攻における修士の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・建学の精神の実現に向け、高度な教育・研究成果とその還元を通して、人類社会の福祉に寄与する意欲を身につけている。
・研究倫理を遵守する態度を身につけている。
・所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格する力を有している。
<思考・判断・表現>
・教育福祉分野において、応用的思考力、研究・実践力を修得している。
<知識・理解>
・教育福祉分野に関する基本的な知識を身につけている。
<技能>
・教育福祉分野に関する基本的な技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉学研究科教育福祉学専攻修士課程では、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、学問分野に関する科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた高度な授業を開講します。
・個々の特性と研究内容に即し、学生の研究テーマに応じて関心を広げることができるよう、個別の研究指導を中心とする少人数教育による双方向的指導および研究支援体制を実施します。
・指導教授の担当する「教育福祉研究ゼミナール」のほか、基礎共通領域群・理論領域群・実践領域群から視野の拡大と研究の進化を目指した各「研究特論」を履修できる複合的科目をもって編成します。
・学際的研究や専門的実践力向上のため、広く社会福祉学を学べるカリキュラムを編成します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学研究科教育福祉学専攻では、専攻における教育目標に共感し、研究意欲をもって取り組むことのできる以下のような者の入学を期待します。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・教育福祉分野への関心を有し、専門的研究・教育に取り組む意欲をもっている者。
・教育福祉分野に従事する社会人で、より深い学識・技術をもつ高度な実践専門家となる意欲をもっている者。
・教育福祉分野の教育者として人材養成を行う意欲をもっている者。
・教育福祉分野の研究者として活躍するために、博士後期課程への進学を目指す意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・人間科学一般、教育福祉学についての論理的分析力・思考力、課題発見・探究・表現能力、コミュニケーション能力を有している者。
・教育福祉分野についての理解や実践に必要な学際的関心と考察力を有している者。
<知識・技能>
・教育福祉分野について学士課程レベルの基礎知識を有している者。
・専攻する教育福祉分野についての十分な専門知識を有している者。
・教育福祉分野に関する外国語文献の読解力を有している者。

〔入学までに身につけてほしい知識・能力等〕

・教育福祉分野についての学士課程レベルの基礎知識
・修士論文執筆のための研究計画作成能力
・教育福祉分野に関する外国語文献の読解力


博士後期課程

社会福祉学研究科は、福祉学を高度に応用し他の専門領域と共働して指導的立場に立てる広義の社会福祉研究者・実践者を養成すること、ならびに、そのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに、「修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を定め公表します。

教育目標

地球環境科学研究科は、その博士後期課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、地球環境科学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地球環境科学研究科は、各専攻における博士後期の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみの解明や、環境問題の抜本的解決と持続可能な社会の構築への貢献に意欲をもっている。
<思考・判断・表現>
・地球環境に関する高度かつ独創的な学識に関する思考・判断・表現を極めている。 ・地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみを解明する思考・判断・表現を極めている。 ・環境問題の抜本的解決と持続可能な社会の構築に貢献する思考・判断・表現を極めている。
<知識・理解>
・地球環境に関する高度かつ独創的な知識を有し、深く理解している。 ・地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみを解明する知識を有し、深く理解している。 ・環境問題の抜本的解決と持続可能な社会の構築に貢献する知識を有し、深く理解している。
<技能>
・地球環境に関する高度かつ独創的な様々な技能を修得している。 ・地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみを解明する技能を修得している。 ・環境問題の抜本的解決と持続可能な社会の構築に貢献する技能を修得している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地球環境科学研究科博士後期課程では、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、専攻分野に関する科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた高度な授業を開講するとともに優れた研究指導を行います。
 地球環境科学と地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみの解明や、環境問題の抜本的解決、および持続可能な社会の構築への貢献に意欲を持たせるため、専攻内の各分野を横断して行われる総合演習における研究発表を実践します。
・地球環境科学の発展と地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみの解明や、環境問題の抜本的解決、および持続可能な社会の構築への貢献に関する思考・判断・表現を極めるための指導教員による博士学位論文の完成に向けた個別研究指導を実施します。
・地球環境科学と地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみの解明や、環境問題の抜本的解決、および持続可能な社会の構築への貢献に関する豊富な知識を有し、理解を深めるための指導教員による博士学位論文の完成に向けた個別研究指導を実施します。
・地球環境科学と地球全体から地域社会に至るさまざまな空間レベルにおける地球環境変動のしくみの解明や、環境問題の抜本的解決、および持続可能な社会の構築への貢献に関連する様々な技能を修得するため学内外における各種学術集会における研究発表ならびに論文投稿を奨励します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

地球環境科学研究科では、研究科の教育目標に共感し、研究意欲をもって取り組むことのできる下記のような者の入学を期待します。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・地球全体あるいは地域の環境問題の解決に必要なそれぞれの専攻分野の知識と研究能力を兼ね備えている者。
<思考力・判断力・表現力>
・地球全体あるいは地域の環境問題の解決に必要なそれぞれの専攻分野に関する思考・判断・表現を極めるために必要な研究能力を備えている者。
<知識・技能>
・地球全体あるいは地域の環境問題に必要なそれぞれの専攻分野に関する豊富な知識を有し、理解を深めるために必要な研究能力を備えている者。

〔入学までに身につけてほしい知識・能力等〕

・環境問題や地理的・空間的現象についての深い知識
・地球環境科学を構成する諸領域において課題を見出す能力
・博士後期課程を修了するために必要な高度な研究能力


ページの先頭へ戻る