小宮 信夫

教員紹介

小宮 信夫(こみや のぶお)
教授
文学部社会学科
文学研究科社会学専攻
研究紹介『犯罪機会論と地域安全マップ』

学位博士(社会学):中央大学
M.Phil. in Criminology:ケンブリッジ大学
所属学会犯罪社会学会、警察政策学会、犯罪心理学会、社会病理学会、被害者学会、日本社会学会、英国犯罪学会
専門分野犯罪社会学
主要研究課題犯罪予防の方法
担当科目研究指導、犯罪社会学演習
著作等
  1. 『犯罪は予測できる』(新潮新書、2013年)
  2. 『子育て支援シリーズ第4巻・安全・安心の環境づくり-地域で守る・自分で守る-』(ぎょうせい、2008年)
  3. 『安全はこうして守る-現場で本当に役立つ防犯の話-』(ぎょうせい、2007年)
  4. 『犯人目線に立て!-危険予測のノウハウ-』(PHP研究所、2007年)
  5. 『親子で学ぶ「子どもの防犯」ワークブック』(東京書籍、2007年)
  6. 『犯罪に強いまちづくりの理論と実践-地域安全マップの正しいつくり方-』(イマジン出版、2006年)
  7. 『徹底検証!子どもは「この場所」で犠牲になった』(別冊宝島、2006年)
  8. 『犯罪は「この場所」で起こる』(光文社新書、2005年)
  9. 『親子で実践!犯罪・危険・事故回避マニュアル—いざというときに子どもの生命を守る本』(監修、主婦と生活社、2005年)
  10. 『NPOによるセミフォーマルな犯罪統制-ボランティア・コミュニティ・コモンズ-』(立花書房、2001年)
  11. 『地域安全マップ作製マニュアル』(東京法令出版)
翻訳書
  1. 割れ窓理論による犯罪防止 ——コミュニティの安全をどう確保するか(文化書房博文社)
  2. 国家は女性虐待を救えるか ——スウェーデンとアメリカの比較(文化書房博文社)
論文
  1. A Cultural Study of the Low Crime Rate in Japan (The British Journal of Criminology)
  2. A Comparative Study of Racial Justice in English and Japanese Prisons (International Journal of Comparative and Applied Criminal Justice)
  3. Community Safety Maps for Children in Japan: An Analysis from a Situational Crime Prevention Perspective,Asian Journal of Criminology, 6(2), 131-140.
受賞
  1. 東京都功労者(平成18年10月)
  2. 立正大学蘊奥褒賞(平成19年3月)

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る