刊行物

大学院紀要(文学研究科)

大学院文学研究科では、大学院担当教員の研究成果を発表する『大学院紀要』を毎年1回(3月)発行し、全国の大学等に配布しています。

最新号

第32号(2016年3月31日)
『開目抄』における法華経寿量品の受容庵谷 行亨
『おもろさうし』「ふし名」考島村 幸一
「花月撰歌合」考渡邉 裕美子
二種類の行為の知識竹内 聖一
„Jetzt, in dem Augenblick” als Moment der freien Handlung湯浅 正彦
翻刻 西田維則訳『通俗赤縄奇縁』岡田 袈裟男
註訳『イギリス史10講』(中)—または柴田史学との対話—近藤 和彦
『八月の光』の音楽と聖書安達 秀夫

バックナンバー

大学院年報(文学研究科)

大学院文学研究科では、大学院生の研究成果を発表する『大学院年報』を毎年1回(3月)発行し、全国の大学等に配布しています。

最新号

第33号(2016年3月31日)
1.博士学位論文の審査の結果の要旨

『俱舎論』を中心とした有身見の研究
  —刹那的な諸行を常住な一個体(piṇḑa)と把握する想と聖者の諦—

木村 紫

古代歌謡引用論 —物語における催馬楽表現史—

山田 貴文

『古今奇談英草紙』に表現された白話語彙の研究

張 海燕

慶林坊日隆教学の研究

米澤 晋之助

日本仏教における因果応報の研究

新田 章

ディーパンカラシュリージュニャーナ研究

望月 海慧

初期アビダルマ論書における多変量構造解析

佐野 靖夫

史的構文研究 —構文発達のダイナミズム—

前田 満

文学における〈隣人〉 —寺山修司から、野田秀樹、平田オリザまで—

葉名尻 竜一

明代朱子学と崎門学の研究

細谷 惠志
2.修士学位論文の概要
3.大学院文学研究科委員会年次彙報
4.研究論文

チャンドラキールティの二諦説 -シャーンティデーヴァとの比喩を通じて-

梶原 亮大

Hinderにおける補部形式の競合について  —16世紀と17世紀の資料を中心に—

遠峯 伸一郎

「生的排除」/「生的包摂」 —「命の選択」という意味世界の構築—

石田 裕美子

日蓮聖人著『立正安国論』受容の一考察  —近現代における第七段問答の解釈をめぐって—

矢吹 康英

甘露の変直後の「反宦官」動向について

兼平 雅子

宇佐地方における八幡若宮の発生 —鶴岡八幡若宮を検討するために—

小脇 拓行

仲尾次政隆の「配流日記」にみる旅歌

綱川 恵美

汎神論論争とは何であったか?

藤井 良彦

バックナンバー

申込方法

「大学院紀要」「大学院年報」の配送を希望される方は、申込書に必要事項を記入し、申込書と送料(360円分の切手)を、大学院文学研究科事務室宛にご郵送ください。

さらに詳しく知りたい方へ

マスコットキャラクター「モラりす」

お探しの情報が見つからなかった方へ

立正大学のホームページの情報を探すことができます。

ページの先頭へ戻る