カリキュラムの特徴

1年次は全学生を対象に、「基礎ゼミナールI・II」や「アカデミック・ライティング I・II」を少人数クラスで実施しています。また憲法、民法、刑法などの主要科目は、入門講義→専門講義→応用演習と段階的に履修することで、難しい法学の知識や理論をしっかり修得できます。

1年次

法学の基礎力を身につける

「法学入門」や「憲法入門」など、法学の入門科目を中心に基礎力を身につけます。同時にクラス担任制の「基礎ゼミナール」で2年次からの本格的なゼミナールに備えます。

2年次

専門科目やゼミで学びを深める

「企業法総論」「行政法総論」「スポーツと法」など各コースの専門科目の履修が始まります。またゼミの選抜をくぐり抜け、無事ゼミに所属して、将来の進路につながる学びの一歩を踏み出します。

3年次

ゼミ大会で研究発表

「小規模会社法」「刑事訴訟法」「現代社会と法」など個別の専門科目と高度な演習系科目を履修します。法学部全体で開催する秋のゼミ大会では、学生が主体となってテーマを設定し、研究発表を行います。

4年次

卒業論文をまとめ上げる

4年間の学びの成果をまとめる1年です。就職活動と並行して、2年次からのゼミの学びの集大成として卒業論文を仕上げます。

  1年 2年 3年 4年
基本科目群 リーガル・マインドをしっかり身に付ける 法学入門(日本国憲法を含む)
憲法入門
民法入門
刑法入門
憲法(人権)
民法総則
刑法総論
企業法入門
行政法入門
憲法(総論・統治機構)
物権法
債権法総論
契約法
不法行為法
家族法
刑法各論
国際法
学修の基礎Ⅱ
税法・企業会計法入門
金融法
担保法

 |




企業法
コース
企業法務に必要な法的素養を身に付けるための科目群   企業法総論
企業取引法
会社法
ビジネス法務入門
労働法
小規模会社法
運送法
有価証券法
銀行取引法
金融商品取引法
保険法
企業会計法
民事訴訟法
民事執行・保全法
倒産処理法
国際取引法
国際通商法
非営利法人法
経済法
消費者法
知的所有権法
公共政策
コース
行政の活動に関わる法的素養を身につけるための科目群   行政法総論
行政作用・組織法
行政学
経済学入門
経済原論
財政学
英米法
政治学原論
政治思想史
刑事訴訟法
刑事政策
行政法各論
警察行政法
環境法
国際環境法
行政救済法
税法
社会保障法
政治制度論
国際政治
国際人権法
現代社会
コース
法律の観点から現代社会を見る目を養うための科目群   スポーツと法
歴史と法
哲学と法
社会と法
ジェンダーと法
開発と法
NPOと法
仕事と法
外国と法
教育と法
福祉と法
科学と法
国際化と法
現代社会と法1(司法制度論)
現代社会と法2(消費者信用)
現代社会と法3(近代日本外交史)
現代社会と法4(現代日本外交史)
現代社会と法5(社労士)
現代社会と法6(現代アジア法)
現代社会と法7(政治と法)
地方自治論
 
演習系科目 問題解決能力と応用能力を養う 基礎ゼミナールⅠ
基礎ゼミナールⅡ
異文化コミュニケーション特別演習1
Academic English
異文化コミュニケーション特別演習2
Introduction to Japanese Law
Special Topic in Japanese Law
社労士実務演習
行政書士実務演習
士業実務フィールドワーク
矯正保護フィールドワーク
公務員実務フィールドワーク
国会議員秘書フィールドワーク
民間企業フィールドワーク
憲法応用演習1
憲法応用演習2
民法応用演習1
民法応用演習2
民法応用演習3
民法応用演習4
刑法応用演習1
刑法応用演習2
民事訴訟法応用演習
刑事訴訟法応用演習
税法応用演習
会計法応用演習
商法応用演習1
商法応用演習2
行政法応用演習1
行政法応用演習2
行政救済法応用演習
    専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅢ
ゼミナール論文
※上記の科目は主な専門科目です。上記以外に教養的科目として、情報処理Ⅰ、英語Ⅰ、スポーツ1、小論文演習(ライティング・スキル)などがあります。

ページの先頭へ戻る