地球環境科学部

地球環境科学部は、地球と地域の環境問題の解決に貢献できる有為な人材を養成することを、人材養成に関する目的およびその他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

地球環境科学部は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、地球環境科学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

三つの方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地球環境科学部は、各学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・地球と地域の環境問題や社会的課題に高い関心を有している。
・地球と地域の環境問題や社会的課題の解決に意欲的に取り組む態度を身につけている。
<思考・判断・表現>
・地球と地域の環境問題や社会的課題を適切に捉え、その解決に必要な思考力、判断力を有している。
・自らが行った思考過程や判断基準を他者に分かるように表現できる。
<知識・理解>
・修得した専門領域の知識を環境問題や社会的課題の解決に役立てることができる。
・修得した専門知識を活用し、環境問題や社会的課題を正確に理解することができる。
<技能>
・修得した専門的技術や手法を、環境問題や社会的課題の解決に活用できる。
・ICT、思考力、判断力を駆使して、自らの考えを発表することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地球環境科学部では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・地球環境の成り立ちや地域社会の仕組みについて幅広く理解するための教養的科目と、それらを礎として問題解決のための専門知識を学ぶ学部共通科目を設置します。
・教養的科目や学部共通科目を基礎として、より高次の思考力、判断力、表現力の修得を重視した、専門分野を横断する専門科目を設置します。
・アクティブ・ラーニングや少人数クラス制度を取り入れ、学生自らが学ぶ積極性を養う充実した専門科目を設置します。
・地球環境や地域社会にある問題を正しく理解し、高度な知識を得るための専門科目を設置します。
・大学教育の集大成として、個別あるいは少人数グループによる卒業研究科目を設置します。
・地球環境問題や地域社会の課題解決に向けた技能を修得するため、フィールドワークや実験・実習科目、演習科目を配置します。
・ICTや思考力、表現力などの技能の集大成となる卒業研究を設置します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

地球環境科学部では、学部の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・地球と地域の環境問題の解決を目指して意欲を持って学修に取り組むことができる者。
・それぞれの分野における円滑な学習に必要な基礎的学力を備えた者、または大学において学部の教育目標を達成しうる資質を備えている者。

地球環境科学部 環境システム学科

地球環境科学部環境システム学科は、環境をシステムとしてとらえ科学的根拠に基づき持続可能な社会の形成に貢献する有為な人材を養成することを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

地球環境科学部環境システム学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、環境システム学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地球環境科学部環境システム学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・地球環境に関わる諸問題に、様々な立場の人たちと協働することができる。
・地球環境問題の解決に積極的に取り組む姿勢を有している。
<思考・判断・表現>
・得られたデータに基づき、他者が理解できるように事象を表現できる。
・問題解決に向けて考えて行動し、その結果を説明、発表する能力を備えている。
<知識・理解>
・環境をシステムとしてとらえ、科学的根拠に基づき持続可能な社会の形成に貢献できる。
・地球環境を構成する4圏(地圏・気圏・水圏・生物圏)をより深く理解している。
<技能>
・環境問題を解決するため、ICTを効果的に活用できる。
・フィールドワークを柱とする実践的かつ客観的な環境調査技術を修得している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地球環境科学部環境システム学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・自らが積極的にフィールドに赴き、自然環境を身を以て体験する科目を配置します。
・地球を取り巻く様々な自然現象や環境問題について学ぶ学部共通、学科共通科目を配置します。
・教育効果を高めるために、少人数に分けた科目を配置します。
[生物・地球コース]
・生物・地球・情報に関する専門科目を設置します。
・生物・地球・情報に関する技能の向上をめざす科目を設置します。
[気象・水文コース]
・気象・水文・情報に関する専門科目を設置します。
・気象・水文・情報に関する技能の向上をめざす科目を設置します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

〔入学者選抜方法における評価の項目および該当する試験区分(入学者選抜方法と求める人物像の関係)〕の表については
5月下旬頃公開します。

地球環境科学部環境システム学科では、学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・高等学校等これまでの学習過程において、地球環境を構成する4圏(地圏・気圏・水圏・生物圏)について学習する科目である理科、情報処理に深く関連する科目である数学、国際的情報交換に欠かすことの出来ない外国語に関する高い能力・知識を有している者。
・高等学校等における学習履歴にかかわらず、自然環境問題や環境保全に関心を持ち、基礎学力の高い者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕
<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・世代や国籍にとらわれることなく、自ら働きかけ協働できる者。
[生物・地球コース]
・生物分類技能検定や自然再生士のような生物・地球に関わる資格を取得する意欲をもっている者。
・生物・地球・情報に関心をもちフィールドを得意としている者。
[気象・水文コース]
・気象予報士や環境計量士のような気象・水文に関わる資格を取得する意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・自然環境、環境保全に関心をもち数理的手法等により解決法を身につけている者。
・得た知識・技能を基に自ら思考を深め、問題解決に向けて適切に判断し、自らの考えを表現できる者。
[気象・水文コース]
・気象・水文・情報に関心をもちフィールドを得意としている者。
<知識・技能>
[生物・地球コース]
・高等学校等において地球環境(生物圏、地圏)に係る理科、情報処理に係る数学、国際的情報のための英語に関する高い能力・知識を身につけている者。
[気象・水文コース]
・高等学校等において地球環境(気圏、水圏)に係る理科、情報処理に係る数学、国際的情報のための英語に関する高い能力・知識を身につけている者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕
理科
・地球環境の実態と時間変動について理学的な思考で理解し、自分の考えを的確に示すのに必要な理科に関する基礎的知識
数学
・グラフや基礎的な数式を理解しそれを応用し論理的な思考を展開する力と、数学的素養に基づいた教育を行うために必要な数学の基礎的知識
外国語
・海外でのフィールドワークや短期留学制度のために必要な語学力の基礎的知識、および英語の文献・資料を読み理解する読解力

地球環境科学部 地理学科

地球環境科学部地理学科は、様々な現象の複合として起こる社会および自然の諸問題を地理的・空間的視点から多面的に把握しその解決の方策を探求することができる人材を養成することを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

地球環境科学部地理学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、地理学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地球環境科学部地理学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・地球と地域の社会および自然の諸問題を認識している。
・異文化の多様性を自ら学び認識する能力を備えている。
・地球や地域が抱える課題の解決に向けて主体的に行動しうる態度を身につけている。
<思考・判断・表現>
・地域の自然的・社会的メカニズムと諸問題を地理的・空間的視点から考えることができる。
・地球や地域が抱える課題を公正かつ的確に判断することができる。
<知識・理解>
・地域の概念・原理に関する知識を身につけている。
・地域の自然的特性・人文的特性に関する知識を身につけている。
・日本をはじめ、世界各地の知識を身につけている。
<技能>
・フィールドにおける地域調査の技能を身につけている。
・地域に関わるデータを統計的に処理し、表現できる技能を身につけている。
・地図、測量、GISなどから得られるデータを活用した空間分析の技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地球環境科学部地理学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・フィールドに出て地理的関心を高める科目を配置します。
・日本、世界の自然事象、人文事象について学ぶ地誌関係科目、共通科目の導入科目を初年次に配置します。
・地理学的・基礎的知識の上にたって考える力を身につけるために、地域的問題に関する科目を設置します。
・地域の基礎、地理学の基礎を学ぶ科目を初年次に配置します。
・地域の自然的特性と人文的特性を講義する専門的科目を配置します。
・地図、GISの活用に関する科目を学生の学習能力の発達にあわせて段階的に科目を配置します。
・フィールドにおける地域調査とその前段階にあたる資料調査・分析に関わる科目を学生の学習能力の発達にあわせて段階的に配置します。
・それぞれの科目でアクティブ・ラーニングを取り入れた教育を実施します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

〔入学者選抜方法における評価の項目および該当する試験区分(入学者選抜方法と求める人物像の関係)〕の表については
5月下旬頃公開します。

地球環境科学部地理学科では、学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・高等学校等これまでの学習過程において、自然地理学や人文地理学の諸分野を基軸とした地理を含む社会科科目、基礎的科目である国語、国際化社会に対応するために必要な外国語に関する高い能力・知識を身につけている者。
・高等学校等における学習履歴にかかわらず、世界および日本における地域のさまざまな課題に対する解決能力や、地域の発展に貢献しうる資質をもっている者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕
<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・世界および日本における地域のさまざまな課題の解決に積極的に取り組む姿勢を身につけている者。
・世代や国籍にとらわれることなく、自ら働きかけ協働できる者。
<思考力・判断力・表現力>
・地域と社会の諸問題や社会的課題に高い関心をもっている者。
・世界のさまざまな地域の文化や自然に高い関をもっている者。
・自分の考えを的確に文章で表現するために必要な文章読解力と思考能力を身につけている者。
・得た知識・技能を基に自ら思考を深め、問題解決に向けて適切に判断し、自らの考えを表現できる者。
<知識・技能>
・高等学校課程における地理を含む地歴・公民科目に関する高い能力・知識を身につけている者。
・数理科学的素養を活かして地域の諸問題を解決するために必要な、関数や確率統計に関する基本的な考え方を身につけている者。
・世界および日本に関する地理学的な知識の蓄積に努力する意欲をもっている者。
・国際化社会に対応するために必要な外国語に関する高い能力・知識を身につけている者。
・地域の特性や歴史的展開、現代社会の動向などについて正しく理解し、地理学的な見方や考え方に基づいて地域調査を行うために必要な基本的知識を身につけている者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕
国語
・自分の考えを的確に文章で表現するために必要な文章読解力と思考能力
外国語
・海外の文献や資料から地理に関する情報を得たり、海外フィールドワークや短期留学の機会において英語で意思疎通したりするために必要な、基礎的な英文法や語彙力
地理歴史
・地域の特性や歴史的展開などについて正しく理解し、地理学的な見方や考え方に基づいて地域調査を行うために必要な基本的な知識
公民
・現代社会の動向などについて正しく理解し、地理学的な見方や考え方に基づいて地域調査を行うために必要な基本的な知識
数学
・数理科学的素養を活かして地域の諸問題を解決するために必要な、関数や確率統計に関する基本的な考え方


ページの先頭へ戻る