専攻紹介

現実の新たな特徴を捉える鋭い問題意識と深い洞察力を持ち、現代世界の諸課題を根源的かつ体系的に分析・評価し、自らの考えを積極的に提示できる人材を育成します。また、留学生・社会人を含め多様な学生が集うことは、現実感覚や多面的な視点を相互に刺激しあい、院生の共同研究に寄与しています。

コンピュータ利用の環境整備とライブラリーの充実にも力点をおいています。院生は学内ネットワークのコンピュータ端末および研究室に配置された院生専用のコンピュータを自由に利用でき、データ分析や電子メール交換などに積極的に活用できるほかに、経済専門の関連図書や統計資料が集められたライブラリーも利用できます。本学独自の奨学金制度も用意されています。


ページの先頭へ戻る