経済学部 経済学科

経済学部経済学科は、複雑で多様な現代の経済社会の構造およびその変動要因を理解するとともに、豊かな教養を背景として、自立的な思考力と主体的な行動力をもって課題の発見と解決に意欲的に取り組むことのできる有為な人材を養成することおよびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

経済学部経済学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、経済学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

三つの方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部経済学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・社会と経済の問題に高い関心を持ち、協働性を持って社会人としてふさわしい主体的な行動ができる。
<思考・判断・表現>
・修得した知識に基づいて社会の課題について思考し、政策や制度の影響を判断することができる。
・自分が直面する問題の解決に向けて、自らの思考結果を適切に表現することができる。
<知識・理解>
・経済活動の仕組みや市場の役割を歴史的な背景を含めて理解している。
・社会動向を理解するために必要な豊かな教養を身につけている。
<技能>
・現代社会で働くために必要な情報処理能力を身につけている。
・豊かな社会生活をおくるために必要な外国語を含むコミュニケーション能力を身につけている。
・現代社会で働くために必要な数理的思考力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部経済学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・経済学に対する興味関心を持ちやすいように、導入的科目として必修科目を設置します。
・自らの関心に基づく主体的な勉学が可能になるように専門選択必修科目と専門選択科目を設置します。
・段階的な知識の修得を可能とするために、1年次の専門必修科目、2年次以降の専門選択必修科目を設置します。
・多様な関心に対応するために、教養選択必修科目と教養選択科目を設置します。
・現代社会における必要な技能が十分身につくように、語学科目、情報科目、数学・統計科目を設置します。
・外部テストの結果を用いて語学科目と数学・統計科目で習熟度別にクラスを編成します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部経済学科では、学部学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・経済学の専門的知識の習得に必要な基礎学力を有している者。
・経済および経済学に対する強い知的関心と学習意欲をもっている者。
・広い視野と深い専門的学識を身につけ、変化する社会の課題を把握して積極的に関与する意欲をもっている者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕
<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・広い視野と専門的学識を身につけ、変化し多様化する社会の課題を把握して、協働性を持って社会に貢献する意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・経済および経済学に対する強い知的関心と学習意欲を持ち、自分の考えを他者に伝えることができる者。
<知識・技能>
・経済学の専門的知識・教養の習得に必要な基礎学力を有している者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕
国語
・新しい知識の修得のための読解力と自分の考えを的確に示す表現力
外国語
・英語で書かれた文献を理解するための読解力
地理歴史・公民
・社会と経済の動きと仕組みを理解するための歴史や社会に関する基本的な知識
数学
・グラフや基礎的な数式を理解し、それを応用し、論理的な思考を展開する力


ページの先頭へ戻る