仏教学部

仏教学部は、仏教の知的体系と人間探求に関する教養および専門的知識を修得し、広く社会に貢献しうる人材を養成すること、およびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

仏教学部は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、仏教学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

三つの方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

仏教学部は、各学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・仏教に説かれる人間の生き方についての洞察を活かし自己の向上に努めることができる。
・仏教に説かれる慈悲の精神に基づき社会に貢献しようとすることができる。
<思考・判断・表現>
・仏教に関する幅広い知識に基づき、多様な観点から思考・判断することができる。
<知識・理解>
・仏教に関する幅広い知識を身につけている。
<技能>
・仏教に関する諸資料を読みとることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

仏教学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。 ・学修意欲を喚起するために、授業内容を多様化します。
・思考・判断・表現の能力を養うため、多様な授業形態を展開します。
・多様な視点に基づく科目を体系的に配置します。
・アクティブラーニングを念頭においた演習系科目を段階的に配置します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

仏教学部では、学部の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。 ・法華経・日蓮聖人、仏教思想・仏教文化に深い関心をもっている者。
・正義を尊ぶ高い倫理観を持ち、仏教を通じて自己形成と社会貢献を志している者。
・学問に対する向上的意志を有している者。

仏教学部 宗学科[法華仏教コース・日本仏教コース]

仏教学部宗学科は、日蓮聖人の三大誓願をもととする立正精神に立脚し、自らの向上に努めるとともに、他者への慈しみの心を有する菩薩の自覚をもって、広く社会に貢献できる人材を養成すること、およびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

仏教学部宗学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、仏教学(法華仏教・日本仏教)分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

仏教学部宗学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・他者に対する慈しみと敬いの心を持って接することができる。
・日蓮聖人や日本仏教の思想を学び、使命感をもって社会の諸問題に対応することができる。
[法華仏教コース]
・日蓮聖人の思想と行動を学び、自らの宗教的実践に結びつけることができる。
<思考・判断・表現>
・法華経の精神に基づき、自身を見つめて人間としての生き方について思考・判断ができる。
・自らの考えを文章や口頭を通じて表現することができる。
<知識・理解>
[法華仏教コース]
・日蓮聖人の宗教思想と社会的実践についての知識を身につけている。
[日本仏教コース]
・日本仏教を基礎とした日本の思想・歴史・文化についての知識を身につけている。
<技能>
[法華仏教コース]
・法華仏教に関する資料を読みとることができる。
[日本仏教コース]
・日本仏教に関する資料を読みとることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

仏教学部宗学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・人間の生き方と現代社会の諸問題、歴史学的な探求とその解明方法、精神文化の諸相と宗教的価値観などについて広く深く学修し、コミュニケーション能力を高めて他者理解をはかり、社会的諸課題を解決する能力を養成し、宗学を総合的に体得することができるように編成します。
・社会的視点を養成するため現地を見学する科目を設置します。
・実践的な知識を学ぶための科目を設置します。
・少人数でのコミュニケーションワークを取り入れた科目を設置します。
・理解力、分析力、問題解決能力、発表能力を養成するために、ゼミナールおよび卒業論文を必修科目として設置します。
・古文・漢文の基礎を復習し、法華仏教・日本仏教の基礎的な科目から発展的科目へと段階的に配置します。
[法華仏教コース]
・日蓮聖人の生涯と思想、日蓮教団の思想と歴史の展開、法華経の思想と文化などを学修する科目を基礎的な科目から発展的科目へと理解が深まるよう段階的に配置します。
[日本仏教コース]
・日本仏教全般の思想・歴史や美術・文化の様相を体系的に学修する科目を配置します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

仏教学部宗学科では、学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・仏教の教え、法華経の思想や文化、日蓮聖人の思想・信仰、日蓮教団の歴史などについて理解や関心をもっている者。
・僧侶に求められる基本的な資質を身につけたい者、および専門的に仏教学や日蓮教学などを学修する意欲をもっている者。
・仏教の教えに立脚して識見を深め、慈悲の心を実践し、広く社会に貢献する意欲をもっている者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕
<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・仏教の教えに立脚して識見を深め、慈悲の心を実践し、広く社会に貢献する意欲を有している者。
・世代や国籍にとらわれることなく、自ら働きかけ協働できる者。
[法華仏教コース]
・僧侶に求められる基本的な資質を身につけることや、仏教学や日蓮教学などを学修する意欲をもっている者。
[日本仏教コース]
・日本仏教の思想や歴史などを学修する意欲をもっている者。
<思考力・判断力・表現力>
・仏教の教え、法華経の思想や文化、日蓮聖人の思想・信仰、日蓮教団の歴史などに関心をもち、理解している者。
・現代日本語の表現力を身につけている者。
・得た知識・技能を基に自ら思考を深め、問題解決に向けて適切に判断し、自らの考えを表現できる者。
<知識・技能>
・現代日本語、古文、漢文の読解力を身につけている者。
・日本および世界の歴史と生活・文化の地域的な特色に関して理解している者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕
国語
・現代日本語、古文、漢文の読解力・表現力などの基礎力
地理歴史
・日本および世界の歴史と生活・文化の地域的な特色に対する理解
公民
・社会を主体的に考察し人間としての生き方を学び、人間と社会に関わる事がらについて理解する能力
外国語
・外国語の読解力・表現力、国際的な視野

仏教学部 仏教学科[思想・歴史コース・文化・芸術コース]

仏教学部仏教学科は、世界に伝播した仏教の思想と歴史およびそれに関連する文化と芸術について多様な視点から学修研究を行うことを通じて、現代人として有すべき全人的教養と国際的視野をそなえ広く社会に貢献しうる人材を養成すること、およびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

仏教学部仏教学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、仏教学(思想・歴史、文化・芸術)分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

仏教学部仏教学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。
<関心・意欲・態度>
・仏教に関する諸事象について、創意をもって学修することができる。
・文化・社会の課題に積極的に関与し、自主的に問題解決に向けて取り組むことができる。
・自らのあり方・生き方を正視し、向上させようと努力することができる。
<思考・判断・表現>
[思想・歴史コース]
・仏教的なものの見方ができる。
・歴史的なものの見方ができる。
・文化・芸術を理解することができる。
[文化・芸術コース]
・世界の多様な文化を理解することができる。
・芸術を理解し表現することができる。
・仏教的・歴史的なものの見方ができる。
<知識・理解>
・仏教を文化・社会・自然と関係付けて理解する幅広い教養を身につけている。
[思想・歴史コース]
・思想・歴史を中心とする仏教学の基礎的専門知識を身につけている。
[文化・芸術コース]
・文化・芸術を中心とする仏教学の基礎的専門知識を身につけている。
<技能>
・仏教に関する資料を読みとることができる。
[文化・芸術コース]
・仏教文化・芸術に関する資料を読みとることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

仏教学部仏教学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・知的関心を掘り起こすものとしての多様な領域にわたる講義科目を設置します。
・知的関心から体験的に学修するものとしての実習・研修系科目を設置します。
・学生の学的関心や考えを表明し、意見交換を行う場としてのゼミ系科目を設置します。
・社会的視点を養成するため現地を見学する科目を設置します。
・思考力・判断力・表現力を養うため、講義・演習・実習・ゼミ等、多様な形態の科目を適切に配置します。
・基礎・演習系、言語・スキル系、基礎・基幹系、言語系、思想・思想史系、各宗派教学・教団史系、文化史・文化財系、芸術実習系、宗教学系、現代宗教系、伝統文化系、日蓮教学系、他学部開講科目といった分類に基づく体系性を有するカリキュラムを編成します。
・仏教学基礎演習、ゼミナール等の演習系科目を段階的に配置し、アクティブラーニングを念頭においた授業を展開します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

仏教学部仏教学科では、学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・学修を通じて専門的な知識や能力を獲得し、人間と社会、人間と自然との関係を探究し、現代社会の諸問題について自ら考える意欲をもっている者。
・広く人間・社会・文化の本質を探究しようとする意志と、その学修を遂行するための基礎的文章読解力、および表現力を潜在的にもっている者。
・自らと異なる文化に対して積極的に理解することによって、自らの文化理解を深めようとする意志をもっている者。
・人間の尊厳と社会正義に関心があり、社会貢献、奉仕活動などに積極的に関わろうとする意志をもっている者。
[思想・歴史コース]
・仏教の思想と歴史的展開を中心として、世界の諸宗教・諸思想との比較について関心をもっている者。
[文化・芸術コース]
・美術、文学、芸能など、仏教の思想や信仰を背景に形成された文化、および世界の様々な精神文化に関心をもっている者、もしくは仏像・仏画の制作実習に関心をもっている者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕
<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・仏教を中心とした思想・歴史について学修する意欲をもっている者。
・仏教の教えに立脚して識見を深め、慈悲の心を実践し、広く社会に貢献する意欲をもっている者
・世代や国籍にとらわれることなく、自ら働きかけ協働できる者。
<思考力・判断力・表現力>
・現代日本語の表現力をもっている者。
・得た知識・技能を基に自ら思考を深め、問題解決に向けて適切に判断し、自らの考えを表現できる者。
[思想・歴史コース]
・仏教に関する関心をもち、理解している者。
[文化・芸術コース]
・仏教文化・芸術に関心をもち、理解している者。
<知識・技能>
・現代日本語、古文、漢文の読解力を身につけている者。
・日本および世界の歴史と生活・文化の地域的な特色に関して理解できる者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕
国語
・現代日本語、古文、漢文の読解力・表現力などの基礎力
地理歴史
・日本および世界の歴史と生活・文化の地域的な特色に対する理解
公民
・社会を主体的に考察し人間としての生き方を学び、人間と社会に関わる事がらについて理解する能力
外国語
・外国語の読解力・表現力、国際的な視野
[文化・芸術コース]
芸術
・美術、工芸、書道などの芸術を鑑賞し理解する感受性と創造力


ページの先頭へ戻る