“仏教”の学びから未来へ。

仏教をトータルに探究し多面的に学ぶ、それが立正大学仏教学部です。仏教の智恵から深く学び、柔軟な思考と慈悲心を身につけて、一人ひとりが社会に貢献できる人材となることをめざします。
グローバル化や情報化が社会にひずみを生み、世界のあちこちで文明・文化の衝突がおこる時代。仏教学部の学びには、こうした難問を解決するヒントが詰まっています。仏教の叡智が教えてくれるのは、自己も他者も尊重することの大切さと、どんな未来にもつながる普遍性を備えた「いまを生きる教養」です。
仏教学部の扉は、仏教に特別な関心がある人にだけ開かれているわけではありません。仏教学部の学びの領域は、一般にイメージされる「仏教」の枠をはるかにこえ、社会や世界を包み込み、一方で私たちの心の深部にまでおよんでいます。都心のキャンパスで過ごす4年間で吸収するさまざまな知識と経験は、自分らしく生きるための糧となり、未来へ向かう羅針盤となります。

教育の特徴

仏教学部は、仏教の知的体系と人間探究に関する教養および専門的知識を修得し、かつ本学の建学の精神にうたわれている「真実を求め至誠を捧げよう」「正義を尊び邪悪を除こう」「和平を願い人類に尽そう」という高い理想と強い意志をもって、広く社会に貢献しうる有為な人材を育むことを、教育の目的としています。
このような教育目標のもと、その実現のために、仏教学および日蓮教学の基礎を正しく学び理解することを基本としつつ、その現代的意義を問う応用的な科目や、仏像・仏画等の仏教美術の制作実習、国内外の仏教文化の実地研修による体験的学修を行う科目など、多彩な授業科目が用意されています。

仏教学部には宗学科と仏教学科の2学科があり、宗学科には法華仏教コースと日本仏教コースの2コース、仏教学科には思想・文化コースと文化・芸術コースの2コースがあり、それぞれに特徴ある学修プログラムが用意されています。ただし、所属する学科・コースが異なっていても、各人の興味関心に応じて、本学部開設の授業科目のほとんどすべてを自由に選択し学修することができます。

法華仏教コースは、日蓮教学、日蓮教学史、日蓮教団史など、日蓮聖人の考え方や生き方を思想的・信仰的側面を中心に学ぶ専門課程です。
日本仏教コースは、日本仏教思想、日本仏教史、現代社会と仏教の関わりなど、日本における仏教の受容と展開について多角的に学び、さらには現代社会における仏教の役割を考えるための専門課程です。
思想・歴史コースは、インドに発祥しアジアや世界に広まった仏教の思想や発展の歴史とその意義、他の思想との比較をとおして普遍思想としての仏教を考察するための専門課程です。
文化・芸術コースは、宗教精神を基盤とした文化の展開を社会の変遷とともに探究し、仏教美術の展開など、文化創造の具体的場面を体感的に理解するための専門課程です。

「いまを生きる教養」が身につく環境が整っています

フィールドワークの特徴として、1年次から神社仏閣や美術館巡り、さらには海外研修を行い、現地での経験をとおして仏教学を学びます。
体験・実習の特徴として、仏像の制作や書道・華道、法要の作法等について、学内で体験的に学びます。
コミュニケーション力を身につけるため、プレゼンテーションやディベートを行う少人数の授業を開講しています。

文献に残された叡智をひもとき、現在に活きる智慧を探求する
仏教学科 思想・歴史コース

約2500年前のインドで生まれ、日本を含むアジア各地、さらに世界へ広まっていった仏教。自己と他者を理解し、いかに受け入れるかを説く仏教の本質は、どういった経緯をたどり大成されたのか。その歴史的な流れと、仏教を形づくるさまざまな思想・教理を学んでいきます。

過去、現在、そして未来。時空を超える文化のダイナミズムを学ぶ
仏教学科 文化・芸術コース

多彩で個性的なアジア各国の文化を、ほかの文化圏との比較の視点に立ち学んでいきます。アジアにおける文化・芸術のルーツである仏教について、精神性や時代背景も含めて総合的に学修し、さらに理解の一助として美術作品の制作にチャレンジすることもできます。

混迷する現在で自分を見失わないための拠りどころを手に入れる
宗学科 法華仏教コース

立正大学建学の精神であり、現代社会の実現すべき課題ともいえる「真実」「正義」「和平」。この3つの信条に忠実であろうと数々の試練に耐え、人々の救済に尽くした日蓮聖人の生涯、および日蓮思想の源流である法華経を探究していくことで、他者を思いやり、教えを実践できる精神性をはぐくんでいきます。

1500年の歩みをつぶさに研究し、日本仏教の新たな歴史をつむぐ
宗学科 日本仏教コース

発祥の地インドから西域を経てもたらされた仏教は、社会・政治的な背景に影響を受けつつ、独自性を備えた「日本仏教」として確立されました。私たち日本人の精神に深く根ざした仏教について、宗教・文化・歴史などを踏まえアイデンティティ(拠りどころ)として再評価していきます。


ページの先頭へ戻る