学科のカリキュラムの特徴

1年次で経営学の基礎を学び、2年次からは専門的なゼミナールで実践的な学びと自由で活発な討論をとおして研究を深めます。職業へつながるスキルと社会で活躍できる人間力、どんな時代でも輝くことのできる共創力を育てます。

1年次

経営学の基礎を学ぶ

経営学は、取り扱う領域によっていくつかの分野に分けることができますが、立正大学経営学部では経営学を戦略経営・マーケティング・会計・情報システム学の4つの分野に分けています。そして、1年次にはそれぞれの分野の基礎を必修科目として学びます。

2年次

ゼミナールで専門分野を学ぶ

2年次からはじまるゼミでは、1年次に学んだ経営学の4つの分野から興味のある分野のゼミで専門的に学びます。また、それぞれのゼミは産学連携、国際交流、地域連携、大学間交流、理論研究、資格取得など多彩な活動を行っています。自分の興味のある分野を、自分のやりたい活動をとおして研究することで、深い知識と広い視野を身につけます。

3年次

ゼミナールの中心となって活動する

2年次から選択したゼミでの知識や技術をさらに深め、企業との共同プロジェクトや海外でのインターンシップ、地方自治体へのご当地キャラの今後のビジネス展開の提案、学内外での発表大会、懸賞論文への応募や検定試験の受験など、各ゼミでの活動を具体的な形にしながら、学んだことの成果を発揮します。

4年次

4年間の学びを卒業論文にまとめる

ゼミで学んだ「専門分野」の知識と「課題発見・分析・解決」の技術をいかして、大学生活の学びの集大成として卒業論文を作成します。また、ゼミの指導教員のサポートとゼミのOB・OGの現場の声を受けながら就職活動を行います。


ページの先頭へ戻る