奨学金・学費・検定料優遇制度

大学独自の奨学金

キャリア育成奨学生制度〈給付〉

趣旨

「最大4年間授業料全額免除」と「企画立案ができる人材を育てる学内業務経験」を組み合わせた奨学金です。学生自ら企画立案や提案を行うことで、考える力や問題解決能力を磨きます。本学のブランドビジョンである「モラリスト× エキスパート」をもった社会で活躍できる人物を育成することを目的としています(本奨学金は返還義務がなく、卒業後の進路拘束も一切ありません)。

給付

1年次は、対象者全員が学費*(入学金含む)全額免除となります。2年次以降は、前年度のGPA評価によって免除金額が変動します。

  • ●GPA 所属学科(コース)上位30% ➡ 授業料全額免除

    ●GPA 所属学科(コース)上位50% ➡ 授業料半額免除

※1年次は諸費用のみかかります。

選抜方法とスケジュール

2019年度「キャリア育成奨学生」選抜方法とスケジュールについては、以下を参照してください。
キャリア育成奨学生選抜スケジュール(PDFファイル)

2019年度小論文課題を以下を参照してください。
キャリア奨学生小論文課題(PDFファイル)

選抜方法と採用までの流れ

01

出願

キャリア育成奨学生制度 申し込み
小論文提出
※2019年度小論文テーマ「あなたが描く将来のキャリアデザインに、大学での業務経験をどう活かしていこうと考えているのか述べてください。」

02

試験

一般入学試験
2月[前期](2月3日)試験

03

候補者選定

2月[前期](2月3日)試験の「判定点」+「小論文」
上位50名

04

採用

2月22日に、「面接」を行い通過者はキャリア育成奨学生として採用

学内教務経験

学内業務経験は、企画立案ができる人材を育てる制度です。所属部署は学生の意向に沿って決定することができます。学内業務経験は、業務に応じた報酬が別途支給されます。

  • ●キャリアコース キャリアサポート業務

    ●図書館コース 図書館業務

    ●入試コース 入試関連業務

  • 学内業務経験を踏まえての
    企画立案・提案など

立正大学特別奨学生〜TOP150〜〈給付〉

趣旨

勉学意欲に富み、かつ成績優秀な学生に対してその学修・研究活動を奨励し、有為な人材を育成することを目的としています(卒業後の返還義務はありません)。

給付額・期間

年40万円(学部1年次のみ)

※2019年度一般入学試験2月試験[前期]2月4日、2月5日の成績上位者50名、大学入試センター試験利用入学試験[前期]成績上位者100名が対象です。

立正大学学部橘経済支援奨学生〈給付〉

趣旨

経済的な理由により学費の支弁が困難である勤勉な学生に対して学費減免を図ることにより、その学修・研究活動を奨励し、有為な人材を育成することを目的としています(卒業後の返還義務はありません)。

給付額・期間

学部生:授業料の半額相当額(半期ごとの募集)

※ 大学院生を対象とした給付奨学金制度(年50万円支給)もあります。

立正大学学業継続支援奨学生〈給付〉

趣旨

在学中に発生した新たな経済的事由によって困窮し、学費の納入が困難になった勤勉な学生に対し学費減免を図ることにより、学業の継続機会を与えることを目的としています(卒業後の返還義務はありません)。

給付額・期間

学部生・大学院生: 1期または2期授業料の半額相当額(上限)(1年次2期から4年次2期までの在籍期間中1回)

立正大学校友会成績優秀奨学生〈給付〉

趣旨

勉学意欲に富み、かつ成績優秀な学生に対して、その学修・研究活動を奨励し、社会の発展に貢献する人材を育成することを目的としています(卒業後の返還 義務はありません)。

給付額・期間

学部生: 各学科の当該年度に修得した成績上位者(学科ごとの規定の人数)に10万円給付

※1 大学院生を対象とした給付奨学金制度(半年20万円支給)もあります。

国・地方・民間の奨学金

貸与のため、卒業後に返済する義務が生じます。

日本学生支援機構〈貸与〉

日本学生支援機構は、学資の貸与など、国のさまざまな学生支援事業を行っている独立行政法人です。

趣旨

意欲と能力のある学生に「教育を受ける機会」を保障し、自立した学生生活を送れるよう支援することを目的としています(卒業後の返還義務があります)。

貸与月額・期間

種類 金額
学部生 第一種(無利子) 自宅通学 30,000円、54,000円から選択
自宅外通学 30,000円、64,000円から選択
第二種(有利子) 共通 2~12万円から選択(1万円刻み)
大学院生 第一種(無利子) 修士・博士前期課程 50,000円、88,000円から選択
博士後期課程 80,000円、122,000円から選択
第二種(有利子) 共通 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択

地方自治体・民間団体〈給付〉〈貸与〉

地方・民間団体による奨学金制度も数多くあります。以下は、2017年度募集実績の一例です。

給付型奨学金

●(公財)立正育英会

●(一財)守谷育英会

●(一財)ダイオーズ記念財団

●(公財)朝鮮奨学会

●(公益信託)松尾金藏記念奨学基金

●(一財)篠原欣子記念財団

●(一財)人間塾 井上和子奨学金

●(公財)ツツミ 奨学財団

貸与型奨学金

◆あしなが育英会

◆(公財)交通遺児育英会

◆保育士修学資金貸付制度

◆福島県奨学資金

◆(公財)山口県ひとづくり財団

◆宮崎県育英資金

◆(公財)沖縄県国際交流・人材育成財団

◆川崎市大学奨学生

※在学中に貸与を受けた奨学金の返還助成制度もあります。

助成制度

留学制度・海外研修制度

海外で外国語を本格的に勉強したい、専門分野に関する勉強や調査をしたい、あるいはボランティア活動をしたいという学生のために、多様な留学制度や海外研修制度を設けています。これらの制度を利用する学生に対して、立正大学では奨学金の給付を行っています。

外国人留学生

立正大学の学部・大学院で学ぶ外国人留学生に対しては、奨学金や授業料減免制度により研究活動や日本での生活を経済的に支援しています。

教育ローン

立正大学教育ローン

入学予定者の保護者が、本学提携の各信販会社の学費立替払いを利用できる制度があります。詳細については、本学サイトの「立正大学教育ローンについて」 (http://www.ris.ac.jp/campus_life/tuition_and_economical_support/education_loan/index.html)をご覧いただくか、各信販会社にお問い合わせください。
(受付時間は、各信販会社とも平日の9:30 〜17:30です。)

  • 株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートプラン

    【お問い合わせ】学費サポートデスク TEL 0120-517-325

  • 株式会社セディナ セディナ学費ローン

    【お問い合わせ】セディナ東京営業部 TEL 03-3346-0827

検定料優遇制度

一般入学試験「2月試験[前期]2月1・3・4・5日、2月試験[後期]2月21日、3月試験3月4日」および「大学入試センター試験利用入学試験」において、複数併願がしやすくなる、検定料優遇制度を導入しています。

併願検定料割引(2月試験[前期・後期]、3月試験)

出願学科(コース)数 1学科(コース) 2・3学科(コース)
検定料 35,000円 45,000円

※ 1試験日ごとに3学科(コース)まで出願できます。 *異なる学部でも可能です。

併願検定料割引 (大学入試センター試験利用入学試験)

出願学科(コース)数 1学科(コース) 2学科(コース)以上
検定料 15,000円 25,000円

※ 何学科(コース)でも出願できます。同一の試験区分において2学科(コース)以上の検定料は何学科(コース)出願でも25,000円です。