社会福祉学部

社会福祉学部ロゴ

社会福祉学部

社会福祉学科(ソーシャルワークコース/教育福祉・社会デザインコース)/子ども教育福祉学科

社会福祉学部の経験知教育

  • 実践現場が近く学びが深まる

    近隣に特別養護老人ホームや子育て支援センターなどがある環境で学べます。

  • 理論と実践を同時に学べる

    理論と同時に、豊富な実習・演習など、社会で実際に役立つカリキュラムを設置。

  • 海外研修で最先端の福祉を体験

    海外の福祉事情を講義と研修で体験し、最先端の福祉を学びます。

社会福祉学科

傾聴ボランティアで相手の心に寄り添う経験をする

  • image
  • image

学びの領域

社会福祉学(学びの基盤)

「人」について理解し、適切に支援するためには、その人の弱みにだけ注目するのではなく、生まれ育った歴史や文化、
社会状況を的確に把握し、その人の周囲の環境にも働きかけ、「生きる力」を引き出すことが重要です。本学科では社会福祉学を
中心に、哲学や思想・倫理、社会システム、心理学など、関連領域の基本的視点を学び、多様な価値観を認め、ともに生きる
人びとを見つめる感性を育みます。

  • ソーシャルワークコース

    ソーシャルワーク


    社会的に不利な立場にある人びとが自分らしく暮らすためには、支援者の高い知識と専門的なスキルが必要です。 ソーシャルワークコースでは、生活の障害となるバリアの除去や、質の高い福祉サービスの開発・提供、人間関係での問題解決など 社会福祉専門職に必要な価値観や知識、技術などを身につけます。

  • 教育福祉・社会デザインコース

    教育福祉


    教育は、すべての子どもたちが発達する権利を保障するために重要な役割をもっています。教育福祉では、 「福祉を基盤とした教員養成」の視点を取り入れ、学校教育、特別支援教育、教育における地域社会との連携などに 関わる知識と実践力を高めていきます。

  • 社会デザイン


    少子高齢化に伴う人口減少が予想されるなかで、これから地域社会が発展するためには、新たな視座と新鮮な発想に 基づいた機動力のあるアクションが必要です。社会デザインでは、学生自身が主体的に参加する「福祉テクノロジー」「多文化共生」 「地域づくり」の3つのプログラムを設定。新たな人間社会を構想し、未来を切り拓く力を身につけます。

学びの特長

興味・進路に応じたコース制

各種施設における相談や支援の専門職を養成するソーシャルワークコース、教育の現場や社会で幅広く活躍する人材を育成する教育福祉・社会デザインコースを用意しています。

充実した演習・実習で実践力を養う

演習と実習をとおして、社会福祉士や精神保健福祉士・特別支援学校教諭の免許・資格に必要なスキルと福祉課題に取り組む実践力を養いま す。

教養と専門性を兼ね備えた福祉人を育成

専門領域のみならず、国際援助、障がい者スポーツ、NPO、カウンセリング、生命科学など、幅広い教養を学び、専門スキルを身につけ、現 代社会の問題解決に向けた“構想力”を養います。

ボランティア活動推進センターで自主性・自立性を育む

約700名の学生が主体となって、地域社会と交流するボランティア活動推進センターで、自ら取り組み働きかける能力を身につけます。

海外福祉研修で最先端の福祉を体感

海外の福祉事情を、講義と研修をとおして体験できるプログラムを設置しています。

福祉を基盤とした教員・特別支援学校教諭の育成

福祉の視点から教育に携わる人材育成に力を入れています。

国家試験対策室が合格まで徹底サポート

国家試験に関するさまざまな相談を担うスタッフが常駐し、学生をサポートしています。

在学生・卒業生に聞いてみよう

子ども教育福祉学科

感性の発達過程に沿った造形表現のあり方と指導法を見出す

  • image
  • image

学びの領域

  • 教育

    教育という分野から乳幼児や児童の成長・発達、家族の支援を考える場合、さまざまな視点が生まれます。例えば、集団や発達などの領域が及ぼす影響を考える、教育心理学の見方や、子どもたちが安心して育つ環境づくりのために教育機関ができることを探る社会学の視点などがあります。さまざまな教育論を、初等教育を対象として学んでいきます。

  • 福祉

    主に「社会福祉」「児童福祉」「相談援助」「保育学」などを学びます。現代社会における「社会福祉」の意義や制度、課題などは、この領域の基礎知識といえます。例えば「児童福祉」では、私的な感情で行う子育てを社会でサポートする必要性について考えます。社会を対象としたマクロな視点から、個人に向けたミクロな視点まで扱います。

  • 心理

    教育、保育、福祉の学びを実践する場合、人間の心理学的理解が必要となります。人の心のメカニズムや考え方について研究することは、福祉を考えるうえで欠かせません。「幼児の社会的行動の観察」など、子どもを研究対象の中心として心理学を学ぶことで、学生の心理学的視点や研究に関するスキルを養います。

学びの特長

教育・福祉・心理の幅広い視野で学ぶ

教育・福祉・心理の3つの学問領域を柱に、多面的なアプローチによって、乳幼児や児童の発達の支援、家族や地域を支援する力を身につけます。

福祉を基盤とした教員・保育士の養成

子どもたち一人ひとりの個性や特性を大切に考え、その子どもに合った援助や教育を立案できる、福祉の心をもった保育士・幼稚園教諭・小学校教諭をめざします。

4年間のゼミを中心とした少人数体制の教育

1・2年次には大学での学びやグループで協同する力を身につける基礎ゼミが、3・4年次では専門分野に分かれて卒業研究を進める専門ゼミがあります。いずれも少人数体制のなかで、保育者・教育者としての素養を高めます。

実技科目や実習の機会を初年次から用意

1年次に全学生を対象にした学外施設見学実習を行い、保育・教育の実際を体感します。免許資格取得に向けた保育所・幼稚園・小学校での実習はもちろん、音楽・図画工作・体育などの実践力を高める演習科目が豊富に用意されています。

プラスαの資格取得と充実したキャリア支援

認定心理士や保育英検、リトミック指導者資格などの実践力を高めるプラスαの資格取得ができ、保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の採用試験対策講座といったキャリア支援が充実しています。

在学生・卒業生に聞いてみよう

さらに詳しい情報は学部サイトに掲載されています。