法学部

法学部ロゴ

法学部

法学科

法学部の経験知教育

  • さまざまな機関の見学

    裁判所、検察庁、刑務所などを訪問し、法律が社会においてどのように機能しているのか、その現実を経験します。

  • 法教育の実践

    近隣の小学校を訪問し、「法律」について解説します。小学生にもわかるように説明することで、さまざまな立場で物事を考える大切さを学びます。

  • 他大学との交流

    金沢大学や明治大学の学生と共同研究を行うことで、自分自身を見つめなおし、新たな知見を獲得します。

法学科

他大学との合同ゼミをとおして交渉力とディベート力を磨いていく

学びの領域

  • 企業法コース

    将来、金融・不動産業界をはじめとした企業で働く際に有利なプログラムとして、ビジネス法務プログラムと、金融・不動産法務プログラムを用意。金融取引が複雑化する現在、金融業界で法の知識は不可欠です。また一般企業でも、法に基づいた対応が求められます。実務で生きる民法や商法、会社法などの私法分野を中心に学びます。

  • 公共政策コース

    将来、公的な場で活躍するために役立つ、公務員・行政書士プログラム、警察官・消防官プログラム、国税専門官・税理士プログラムの3つを用意。国や地方自治体の仕組みや行政に関わる法を学修します。地域や人びとの生活、税の問題解決に貢献したい学生のために、行政法、刑法、警察行政法、税法など公法分野を中心に学びます。

  • 現代社会コース

    身近な生活のなかにも法律は存在し、その知識はさまざまな場面で役立ちます。このコースでは法知識を広く社会で生かしたい学生に向けて、教職プログラムと情報・メディアプログラム、スポーツと法プログラムの3つを用意。法の知識を市民の福祉やNPO活動などに役立てるための「○○と法」科目群を中心に学びます。

学びの特長

3コース制で実用法学を学ぶ

学生の将来の展望に応じ、企業法コース、公共政策コース、現代社会コースの3コース制を用意。社会で活躍できる多彩なプログラムを設けています。

講義・演習・課外講座が連動したカリキュラム

法律の知識を身につける「講義」、理解度や応用力を高める「演習」、資格取得や就職活動のための「課外講座」を各自の志望に沿って組み合わせることで、進路に合わせた学修が可能です。

入門〜応用をステップアップ方式で学ぶ

憲法、民法、刑法など主要な科目は、入門講義→専門講義→応用演習と段階的に履修することで、難しい法学の知識や論理をしっかり修得できます。

実務家による授業で実社会を意識

社会保険労務士、行政書士、税理士、弁護士などの実務家による授業や、スポーツ選手を招いての講演で、実社会とのつながりを意識して学べます。

手厚い少人数制教育

2年次から4年次までのゼミナール教育で、論理力、思考力やコミュニケーション能力を育みます。

充実の課外講座

資格取得や公務員試験合格などを支援するため、法学部が独自に各種受験対策課外講座を開講。

学科が誇る確かな実績

国家公務員(国税庁、裁判所事務官、法務省)、地方公務員(地方上級職、市役所、警察官)、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などを輩出しています。

在学生・卒業生に聞いてみよう

さらに詳しい情報は学部サイトに掲載されています。