地球環境科学部

icon

地球環境科学部

環境システム学科(生物・地球コース/気象・水文コース)/地理学科

地球環境科学部の経験知教育

  • 実験・実習機材や資料・設備が活用できる

    最新の実験・実習機材や豊富な資料、設備を活用し、地球・地域の問題に取り組めます。

  • 野外調査で環境科学や地理学の基礎を養う

    国内外での積極的なフィールドワークで、環境科学や地理学の基礎的な素養を養います。

  • ICTの活用能力が高まる

    コンピュータでの実習を通じてICT活用能力を磨き、問題を解決できるようになります。

環境システム学科

早期高等教育でキャリア形成と自主性を高める

  • image
  • image

学びの領域

  • 環境生物学

    人類がほかの生物や生態系に与える影響を明らかにし、ヒトと生物が共存できる方法を考えます。

  • 環境気象学

    天候は、人間やほかの生物の活動、水・地面の挙動に影響します。大気で起こる現象を科学的に理解し、環境問題を考えます。

  • 環境地学

    固体地球表面の地形・地質的特徴はさまざまな要因で形成されます。その歴史を科学的に解明し、将来の地圏環境の管理や防災を考察します。

  • 環境情報学

    環境問題解決に必要な自然的・社会的要素を包括する広い視野を学び、地理情報システム(GIS)などで環境情報を整理・解析、解決策を考えます。

  • 環境水文学

    水不足や水紛争、水質汚染などの問題が起こる現代、水環境や水質を科学的に理解しながら環境問題を考えます。

学びの特長

地球環境を正確に理解する

環境問題を解決するには、大気、水、大地、生物の個別理解と相互関係の理解が重要です。多彩な実験やフィールドワークで、幅広い視野と技術をもった「環境コーディネーター」を育成します。

情報処理能力を養う

情報処理の基礎技術、リモートセンシングや地理情報システムなどの高度な技術を修得します。

充実の研究施設(一例)

・超微量元素分析が可能なクリーンルーム
・気温・湿度・風向・風速・降水量といった基礎的データが連続観測されている気象観測施設

アドバンスト科目

学修意欲と学力の高い学生を選抜した発展的科目です。環境気象学、環境水文学、環境情報学、地圏環境学、環境生物学を開設しています。

多様な実験・実習科目の開設

「物理学実験」「化学実験」「生物学実験」「地学実験」等の専門基礎科目に加え、「環境気象学実習」「環境水文学実験」等の専門的な実験・実習、また「リモートセンシング」「空間情報システム実習」等のコンピュータを利用した実習なども開設しています。

積極的なフィールドワークの実施

・「学修の基礎Ⅱ(1年次)」
富士山周辺で野外作業を行い、調査・研究の目的に応じた頭と眼と手足の動かし方を修得します。
・「フィールドワーク(2年次)」
野外のフィールドを舞台に、専門分野に応じたさまざまな調査方法を修得します。 ※そのほか、専門分野に関するさまざまなフィールドワークを開設しています。

在学生・卒業生に聞いてみよう

地理学科

まちづくりに積極的に参加し主体的に行動する学びの場

  • image
  • image

学びの領域

  • 人文地理学

    まちづくり、産業、観光などをはじめとした、人間活動と地域の関わりを学びます。地域を理解するには、人口や経済、交通、文化などの構成要素を知る必要があります。地域とは何か、その成り立ちには何が関わっているのかを学ぶことで、地域の問題を探ります。またフィールドワークなどをとおして、都市や農村の実態も考察します。

  • 自然地理学

    地形、気候、水文、風土など、地理学を学ぶには、地球に関するあらゆる事象の把握が必要です。講義での知識の修得と同時に、実験・実習、野外で調査を行うフィールドワークを行い、教室の中だけでは見えてこない結論を導きます。また、海外でのフィールドワークでは世界のさまざまな地形の観察をとおして広い視野が身につきます。

  • 地図・GIS・測量

    地理学を学ぶための基礎的な知識やスキルを修得します。地理情報システム(GIS)の基本的な操作や、地図化および分析方法を学修。空間データに現地調査データを組み合わせるなど、より実践的な地図情報スキルも身につけます。また、地図の読み方や活用の基礎、測量の技術、デジタル地図やGPSなどについて深く学びます。

学びの特長

人文科学と自然科学の融合

観光、都市、まちづくり、教育、農業、自然保護、環境問題といった幅広い分野を網羅。学生が本当にやりたいことを多彩な教員陣がサポートします。

1万人以上の卒業生を輩出

1947年にスタートした文学部地理学科を、発展的に改組し設立。多様な分野で卒業生が活躍しています。

行動力が上がるフィールドワーク

1年次の「地理基礎巡検」では18コース、2・3年次では8つのテーマや地域からコースを選択可能。さらに海外フィールドワークで異文化を体感できます。

最先端の環境と豊富な地図・資料

タブレットを利用した授業や反転授業など、最先端の修学環境が整い、長い歴史のなかで収集されてきた豊富な図書資料や地図資料を活用できます。

実践・体験型の地理学セミナー

地域と連携した観光まちづくりの提案や、防災・自然保護を念頭においた環境調査などを行います。

理解を深めるサポート体制

学科独自の授業と連携したチュートリアル講座を専任教員が担当します。また、就職を見据えたキャリアアップ講座や教職支援なども、多くの卒業生とともにサポートしています。

学科独自の課外授業が充実

受講者の合格率が75%を超える(全国平均(2016)32.1%)「国内旅行業務取扱管理者」講座や、合格率が38.8%の(全国平均(2016)12.8%)「総合旅行業務取扱管理者」講座、教員採用試験対策講座を実施しています。

在学生・卒業生に聞いてみよう

さらに詳しい情報は学部サイトに掲載されています。