在学生・卒業生に聞いてみよう

卒業生からのメッセージ

多様な文化や価値観の学びからコミュニケーション能力が養われた

◆株式会社東急ハンズ
 販売員 安藤 聡子

 「仏教学科?」と聞き返される時、そこには「何を勉強するの?」という疑問が含まれています。そんな問いに対し、「仏教という“ 宗教哲学”を学び、そうした独自の観点から世界史を俯瞰することです」と答えるのが私の常です。歴史を学べる大学はたくさんありますが、このようなユニークな勉強ができるのは立正大学だけだと思います。それが私の入学動機でもありました。しっかりとした視点をもって世界史を眺めると、古代から現代に至るまで、多様な文化や価値観が存在していることを実感します。仏教学科で学びながら、多様性を受け入れる柔軟な考え方を養うことができました。社会に出てからは、それがさまざまな人びととのコミュニケーションに役立つだけではなく、職場で新たな企画や戦略を考え出す際の柔軟な発想も導いてくれています。

ゼミで学んだこと
 職場ではチームリーダーとしてスタッフを統括しなくてはなりません。そんな時に思い出すのが、卒業論文を執筆した手島ゼミでの経験です。私はもともと話し下手だったのですが、うまく発表できなくても手島先生はそれを無理に改善させようとしたりはせず、努力している過程を見守り、結果を出せるようにサポートしてくださいました。私もスタッフの個性と向き合い、みんなが気持ちよく働けるようにリードしたいと思います。

株式会社東急ハンズ 販売員 安藤 聡子

教員と語る 学生・教員対談

基礎演習での気づきが研究テーマにつながる

  • 意見交換・現地体験で思考の深まりを実感

    ◆仏教学部 仏教学科
     神奈川県立横須賀明光高等学校出身

  • “温故知新”はいまを生きる人の務めです

    ◆庄司 史生 講師
     主な担当科目/仏教学基礎演習

基礎演習での気づきが研究テーマにつながる

学問としての仏教に触れ学ぶ楽しさを見つける

先生 本学科では、国内外での研修をはじめ、仏像や仏画の鑑賞、制作などの多彩な演習カリキュラムを用意しています。

学生 私はインド仏教を学びたいと考えてこの学科に入学し、1年次にインドの海外研修に参加しました。仏教発祥の地を肌で感じ、関心が高まりました

先生 仏教学は学びの対象領域が広いので、1、2 年次の必修科目である「仏教学基礎演習」では、まず広く学び、そこから自分の研究テーマを見つけられるように指導しています。

学生 3 年次からは、インド仏教の思想の一つである「唯識」を研究しています。「仏教学基礎演習」で広く学んだ内容から興味をひかれたテーマです。入学当初のインド仏教に対してのイメージは漠然としていましたが、講義をとおして深く研究したいテーマを見つけることができました。

先生 意欲的に学べるように、みなさんの興味がありそうなテーマを取り上げています。興味・関心のポイントは人それぞれですが、グループ内の意見交換で声を聞いたり、講義中の表情を見たりして、できるだけ一人ひとりの興味関心に注目しています。

学生 先生に、講義中に疑問に思ったことを質問したら詳細な解説プリントを用意してくださって、もっと知りたいと学修意欲がさらに増しました。

先生 学生からの反応は、教員にとってうれしいことですからね。熱意に可能なかぎり応えたいと考えています。学生の要望に合わせ、一緒に講義を作り上げていく。これもアクティブ・ラーニングの良さですね。

学生 グループ内の意見交換では、異なる視点からの気づきを得ると同時に、自分の考えを深くしてくれたとも感じています。

先生 自分が動けば周囲も動くんですね。社会は可能性にあふれています。仏教をとおしてその可能性に気づき、自分から一歩踏み出し、社会に関わる力を修得してください。