• ホーム >
  • イベント >
  • 6/26 公開研究例会「祇園精舎 アンコール・ワット —絵図面の発見とキリシタン弾圧—」を開催

6/26 公開研究例会「祇園精舎 アンコール・ワット —絵図面の発見とキリシタン弾圧—」を開催

2019/06/03

開催期間:2019年06月26日

2019(令和元)年度 立正大学 法華経文化研究所 公開研究例会/仏教学部 仏教文化公開講座(共催)のご案内

カンボジアの世界遺産アンコール・ワットは、12世紀前半にカンボジア版ヒンドゥー教の寺院として建立され、現在は仏教寺院として、カンボジアの人々の信仰のよりどころとなっています。1992年の世界遺産登録をきっかけに、日本をはじめとする諸外国の機関が保存修復や専門家養成といった支援を開始したことでも注目されました。

今回、このアンコール・ワットの研究に半世紀以上に渡って従事されてきた石澤良昭先生をお招きいたしました。日本人は17世紀前半に、当時、南天竺と呼ばれたカンボジアにあるアンコール・ワットを「祇園精舎」と考え、参詣しておりました。その歴史的背景についてお話しいただきます。

皆様、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。


講師について

【講師略歴】
1961年上智大学外国語学部卒業。専門は東南アジア史、アンコール王朝時代の碑刻文の解読研究。現在、上智大学教授、上智大学アジア人材養成研究センター所長、上智大学アンコール遺跡国際調査団団長。学生時代からアンコール・ワット遺跡を研究。2001年、遺跡下から274体の仏像を大発見、国際的な話題を呼んだ。

1991年から「カンボジア人による、カンボジア人のための、文化遺産の保存・修復—By the Cambodians, for the Cambodians—」を掲げ、現地にアジア人材養成研究センターを設立し、遺跡を護るカンボジア人専門家の養成に着手。2017年、カンボジアのアンコール遺跡への貢献により、「アジアのノーベル賞」といわれるラモン・マグサイサイ賞を受賞。
【主な著書】
『東南アジア多文明世界の発見』講談社、『アンコール・王たちの物語』NHK出版、『新・古代カンボジア史研究』風響社、『カンボジア 密林の五大遺跡』連合出版、『アンコール・ワットと私』連合出版など。

テーマ
「祇園精舎 アンコール・ワット —絵図面の発見とキリシタン弾圧—」
講師
上智大学アジア人材養成研究センター所長 上智大学教授 石澤 良昭 先生
日時
6月26日(水) 15:00~16:30(予定)
会場
立正大学品川キャンパス 石橋湛山記念講堂
(※峰原通りの正門よりお入りください)
品川キャンパスへのアクセスはこちらをご覧ください
入場
入場無料(事前の申込不要)
主催
立正大学 法華経文化研究所
共催
立正大学 仏教学部
問い合わせ先
立正大学仏教学部事務室
電話 03-3492-8528 (直通)
ページの先頭へ戻る