第757回 日蓮聖人伊豆法難会法要のご案内

2017/04/26

第757回 日蓮聖人伊豆法難会 法要

伊豆法難会(いずほうなんえ)は、日蓮聖人(1222-1282)の伊豆流罪の意義を顕彰するための集いです。弘長元年(1261)、日蓮聖人は鎌倉幕府により伊豆国伊東(静岡県伊東市)へ流罪されました。法華経には、これを弘める者が難に遭うと説かれています。文字通りこれを体現した聖人は、法華経の信仰・弘通に自信を深めることになります。
皆様、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

 日  時  平成29年5月11日(木) 10時40分より
 法  要 

757 日蓮聖人伊豆法難会 法要

 導 師   : 仏教学部教授 則武 海源  先生
記念講話 : 仏教学部教授 秋田 貴廣  先生

  テーマ    :   仏像という文化を引き継ぐ—蓮慶寺祖師像の修復—

 会  場  立正大学 品川キャンパス 石橋湛山記念講堂
参加方法 自由参加(参加無料)
(当日10時30分頃に会場へお越しください。)
交通機関 <電車>
・大崎駅(JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京臨海高速鉄道りんかい線)
・五反田駅(JR山手線、都営地下鉄浅草線) いずれも徒歩5分
・大崎広小路駅(東急池上線)から徒歩1分
<バス>
・東急バス(渋41系統)大崎警察署前 下車 徒歩1分

ページの先頭へ戻る