• ホーム >
  • イベント >
  • 経営学部 畠山ゼミナールがソラマチで産学連携で開発した製品を販売

経営学部 畠山ゼミナールがソラマチで産学連携で開発した製品を販売

2018/01/19

経営学部 畠山ゼミナールが産学連携で企画した製品が第12回TASKものづくり大賞で奨励賞を受賞、東京スカイツリータウン・ソラマチにてウレタン素材のカフェごっこおもちゃ「omotan」を販売します。

経営学部畠山ゼミナールが墨田区の(有)サトウ化成との産学連携プロジェクトで開発したウレタン素材の子ども用玩具を、東京スカイツリータウン・ソラマチ DAYWAYポップアップショップにて販売します。

日程  : 1月20日(土)〜29日(月)
場所  : 東京スカイツリータウン・ソラマチ2F11番地
店舗  : DADWAY ポップアップショップ
製造  : 有限会社サトウ化成
販売協力: 株式会社ダッドウェイ

※学生は1月20日、21日、27日、28日の4日間、販売員として店舗に立ちます。

畠山ゼミではこのプロジェクトを4月からスタート。「人にも施設にも優しい安心・安全な子どもの遊び道具」を製品テーマに、ウレタンの素材特性やユーザーとターゲットについて議論、おもちゃ屋さんに足を運んでの市場調査、また、幼稚園などに出向いての先生や親御さんへのインタビューなどを積み重ねて製品を企画。子どもの遊び方が限定されない「創造性」、壊れにくい「耐久性」、シリーズとして買い足していける「展開性」といったニーズを満たす,ごっこ遊びおもちゃ「スポンジカフェ・シリーズ」を製品化しました。

今回、学園祭での販売やアンケートに基づきブラッシュアップ、人気育児ブランド等を手がける(株)DADWAYの協力を得て東京スカイツリー・ソラマチでの販売となりました。

商品名「omotan」も、おもちゃ+ウレタン素材を組みあわて、ゼミ生が決めました。

「スポンジカフェ・シリーズ」は、台東区(T)・荒川区(A)・足立区(A)、墨田区(S)、葛飾区(K)が5区共同で行うものづくり産業活性化を目指す事業「TASKプロジェクト」の第12回TASKものづくり大賞で奨励賞を受賞、畠山ゼミナールとしては昨年に続き2回目の奨励賞受賞です。今後はグッドデザイン賞への応募も予定しています。

第12回TASKものづくり大賞入賞製品についてはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る